1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. パリ1日目

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 猿田 恵子
【2005年10月22日[Sat]】

パリ1日目

パリ1日目
エクセター空港から、パリへは、ブリティッシュヨーロピアン航空(flyBe)で、約1時間。
地元の空港から出ているのでとても便利。
チェックインも、1時間前でOKと気軽なかんじ。
ヨーロッパ便って本当に、簡素。
ドリンクサービスは、有料で、お姉さんが、カートで売りに来る。
新幹線かよ~!?って突っ込みたくなる。
私たちは、承知していて、ヨーロッパ便に乗るときは、お気に入りのスナックとドリンクを持参する。
私のお気に入りは、FOX の ECHO 。チョコビスケットの土台に、エアチョコがのっていて、さらに、
ダークチョコでコーティングされていて、、、。最高なのだ。
ところで、紙カップのコーヒー£3。高いでしょ~。
空の旅を終え、シャルルドゴール空港へ。
あ、言い忘れたけど、飛行機は、階段で昇降。ターミナルまで、滑走路散歩が楽しめる特典付き。

空港からは、市内へバスに乗って移動。8ユーロと良心価格。
2車両の電車みたいな妙なバス。
ラッシュアワーか、市内まで1時間以上かかった気がする。
バスは、パリオペラに到着。
宿は、あんちゃんがホリディインオペラを予約していた。
バスから降りると、そこは、巨大なロータリー。ものすごい交通量と、行きかう人人人。
まったく地理感覚を失った。
30分くらい、地図と建物と道路名と格闘して、ようやく進む方向を確認。
ここから、ホテルも徒歩15分と結構遠かった。ぜんぜんオペラ地区じゃないよ~!!
ところで、日本人観光客が、空港ホテル間送迎を希望する気持ちが今回やっとわかった。
絶対楽だ!そんな旅をしてみたいが、きっと一生バス利用だろう、、、。

どうにか宿について、少々休んで、いよいよパリ観光。
もう、日がかげりだしている。
とりあえず、地下鉄にのって、シテ島へ。
シテ島は、ノートルダムがあるセーヌ側の中州。
さらに、橋を越えてサンジェルマン方面へ。
ここからが、私の一番すきなパリ。
ギリシャや、エジプト料理の屋台や、安いレストランが軒を連ねる通りがある。
客引きとかもいて、エネルギッシュ。
パリとは思えない無国籍な雰囲気が良いのだ。
たくさんの人がレストランの軒先の席で、食事を楽しんでいる。
本当は、ガーリックソースのケバブを食べたかったが、ベジタリアンのあんちゃんに遠慮して、
フレンチレストランへ。
この地区は、とにかく安い。気軽にボトルワインが楽しめる。
質より量のチープな旅好きの方には、とにかくこのエリアおすすめ。毎晩通って欲しい。
前菜は、噂のエスカルゴを注文。どんなものが来ちゃうのかな~ってワクワクしていたけど、
隣の席のエスカルゴを見たとたん、気分は一転。
どうしても、食べたくなくなってしまい、ウエイターに頼んで、ムール貝に変更。
食に対しては、色々試したいタイプと思っていたけれど、、、。

時計を見ると、もう12時なのに、まだまだ食事を楽しんでいたり、酔っ払いがたくさんいる。
私たちも、雰囲気に飲まれて、しばらくぶらぶらしてしまった。
セーヌ川沿いは、夜風が気持ちが良いのだ。
気がつくと、近くにエッフェル塔が見える。こんなに遠くまで歩いちゃったのかあ。
お酒の力ってすごい、、、。

こんなふうに、目的もなくふらふら歩いて、なんとなくエッフェル塔を見ちゃったりして、、、。
私も、ヨーロッパの住人になってきたような気がした。
もちろん、明日の目的もなし。
どこをふらふらするのだろう、、、。









見る