1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. 春・夏・秋・冬

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 山本 サユミ
【2005年10月29日[Sat]】

春・夏・秋・冬

日光のベストシーズンはいつか?
その答えは難しい。それぞれの季節にそれぞれの良さがあり、できれば年4回その時々の美しさを味わってほしい。他の観光地のように際立った娯楽施設があるわけではなく、日光の魅力はその自然の豊かさにあるからだ。

◆春◆
日光に春の訪れを告げる「弥生祭例大祭」。毎年4月13日から4月17日に開催される。4月なのになぜ「弥生祭」かというと、これは陰暦3月の例祭であった事に由来する。ハイライトは、最終日17日の「花家体(はなやたい)」の二荒山神社への繰り込みである。やしおつつじで飾られた各町内の家体が市内を行列し、最後は二荒山神社の参道の坂を一気に駆け上るのである。

◆夏◆
標高約530mの日光市内からいろは坂を上がると、中禅寺湖畔で約1300m、その奥の戦場ヶ原で約1400m、湯元温泉まで行くと約1500mとなる。その快適な気候と美しい高山植物を楽しめる季節だ。6月から8月にかけて、ワタスゲやノアザミなどの花々、そしてズミやミズナラの林の中を是非歩いてほしい。戦場ヶ原は梅雨の影響を受けにくいため、日光市内が雨でも晴れていることもしばしば。

◆秋◆
日光の紅葉は竜頭の滝から始まる。その標高差ゆえ、10月の上旬から11月まで楽しめる。赤はナナカマドやカエデ・ツツジ、黄色はナラやカツラ・ブナ、そして針葉樹の緑とのコントラストは見事である。ここでも車で一気に素通りするのではなく、湖畔や林の中などのんびり散策しながら、その色と匂いを感じてほしい。

◆冬◆
ほんとうにのんびりするなら、冬の日光をおすすめする。空気は凛と冷え、空と湖は限りなく青く美しい。雪道の運転に自信がなくても路線バスは運行しており、宿泊先によっては送迎もしてもらえる。そう、冬の楽しみといえば温泉。日光市内は透明な単純泉が多く、奥日光ではこれが硫黄泉となる。お気に入りの本やCDなど持参して、のんびりとした時間を過ごせば、なんとも贅沢な楽しみである。
見る