1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. 中南米・カリブ旅行
  4. チリ旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. 愛しのチリパン

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 深山 哲夫
【2006年4月15日[Sat]】 海外

愛しのチリパン

民宿で念願のパンづくりに挑戦
自転車旅行中は南米各国のパンには、
大変お世話になった。
大きな街で、小さな町で、田舎の集落で、
パンをしこたま買い込んでは自転車をこぎ、
そして胃袋を満たした。

ひとことで言うと南米のパンは、シンプルだ。
ヨーロッパ(行った事はないが)のような洗練されたものにはかなわないだろうし、種類もとても少ない。(都会は別だが)

しかし、日本のパンしか知らない私達は、たちまち夢中になった。
特にチリの素朴なパンに!

チリのパンは量り売りで、1kg100円前後。
アルマセン(食料品店)に入ると、
「パン、ウンキロ、ポルファボール(パン1kgお願いします)!」
が私達の決まり文句だった。
袋いっぱいにパンを買うと、まだほんのり温かいパンをまずはついつい味見・・・。

いつも決まった素朴なパンだが、店によって味は微妙に違う。
大きなスーパーでも、小さなアルマセン(食料品店)でも、パンは自家製だ。
よくあるフワッと柔らかいパンとは全く違い、ぎっしり固めで味もいたってシンプル。
これが、食べ応えがあってなかなか美味しい!
お腹をすかせた自転車旅行者にはもってこいの食料だ。

レストランの食事についてくるパンも自家製が多く、
思い出しただけでもよだれが出そうになる美味しいパンが、たくさんある。
(↑特に南部のチロエ島に多いように感じた)
チリの田舎では、家庭や民宿で自分でパンを焼いている人が多く、
旅の途中、に出会うことも・・・。

アルゼンチンのフランスパンようなのも良いがやはり、
またチリの田舎に行って、あの美味しい素朴なパンを食べたい!
きっと世界中には、もっともっと美味しいパンはいくらでもあるだろうが、
誰に何と言われようとも、思い出のぎっしりつまった「愛するチリパン」の地位は
揺るがない。

しかし数ヶ月のチリでの滞在で、「パン腹」になったのは言うまでもない・・・。

南米旅行のご相談はこちらまで
見る