1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. Vol.12 オランダ・ベルギー・フランス(GW家族旅行編)

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 三田村 忍
【2006年5月3日[Wed]】

Vol.12 オランダ・ベルギー・フランス(GW家族旅行編)

私が海外に行き始めたころ、父は海外に行くことを常に反対していた。
海外に行った事のなかった父は、異国の地が凶悪に思えたのだろう。
始めての海外は参加人数の多いアメリカ短期留学。
朝から晩まで何度もしつこくお願いし、やっと許可をもらって行く事ができた。
海外は楽しい。見聞を広げる為には、行動するしかない。
その後もお金を貯めては海外旅行ばかりしていた私に、
父は、海外旅行禁止命令をくだした。
もちろん、そんな命令を聞くはずがない。
反対されればされるほど、行きたくなるに決まっている。
どうせ怒られるならと思い、内密に旅行計画を立て、出発直前に、今からアメリカに行ってくる、と言って大喧嘩したこともあった。(ひどい娘だ!)

そんな父も、友達に誘われ、母を伴い海外旅行に行くようになった。
初めて行ったのは確か、韓国だっただろうか?
当時アジアに興味がなかった私は、どうせ行くならもっとと多くに行けばいいのに・・・
と内心思っていたが、帰国後の父はひたすら感想を述べ、
(母の方が興奮していたが・・・)
海外の文化に触れた父は、案の定、海外旅行にはまった。
似たもの親子とは私達のことを言うのだろうか?
いつか私にヨーロッパに連れて欲しい!という両親の希望から、
数年前のゴールデンウィークに妹を助手にし、4人でヨーロッパに向かった。

幸運にも、往路はビジネスに乗れ、浮かれる両親と妹。
これから強行プランが待っていると言うのも知らずに・・・。
アムテルダムに到着後、すぐにブリュッセルに向かう。
夕方到着だったので、ブリュッセルに着く頃にはもう真っ暗になっていた。
もちろん、電車に乗るのは初めてのこと。
しかも乗り換えの地下鉄は暗く、ビクビクしていた。
それもそうだ、私以外はヨーロッパが初めて。
そうでなくても、知らない場所を夜行動するのは誰だって怖い。
飛行機に長時間乗っているだけでも疲れるのに、さらに疲れさせてしまい、
ちょっとやりすぎたかなぁ?と反省した。

翌朝、ペルギー市内を観光し、ブルージュに移動。
移動しやすいように、リュックに各自の荷物を入れ、重たいものは持っていかないようにしていた。
私自身、ブルージュ訪問は初めてだったので、ブルージュまでの車窓を楽しんだ。
ベルギーワッフルを楽しむ母と妹、周りをキョロキョロ見回す父。
昨夜の電車とは違い、みんな安心して乗っていた。
ブルージュは、運河の町。友達に是非一度行ってみて!と言われていた。
確かに、すごくきれいで素敵な町。
小船で運河を巡ってみる。とりあえず、手を振りまくる母、建物を色々見る父、そして、写真を撮りまくる私。曇っていていたのが残念だった。

Vol.12 ブルージュ

ブルージュを後にし、パリへ向かう。
予約していたTGVの席に、黒人男性が一人座っている。
あれ?私達の席なんだけどおかしいなぁ・・・。
何度言ってもどいてくれない。私の英語が通じないのか?
こっちのチケットを見せるのは嫌だったが、どうしても動かないので、
チケットを見せて私の席だ!と主張してみた。
それでも、むこうも自分の席だ!と言い張る。
こうなったら、駅員に頼むしかない。
近くにいた、売店の人に席に他の人が座っている!と伝え、
どいてもらうように言ってもらった。
強情なその人は、どうやら、電車自体を間違えていたらしく、
(席番号はあっていたらしい)慌てて電車から飛び降りた。
彼の乗る電車は、おそらく出発寸前だったのだろう。
電車から直前、売店の人にホームはどこ?と聞いていた。
そして、私達に軽く謝り消えていった。
だから、何度も言ったのにねぇ!と、急に強くなる母。
正直私はビクビクしていた。振り返ると父も妹もビクビクだった。

パリのホテルは何故だか屋根裏部屋のような部屋で、
部屋のドアを開けるとすぐ螺旋階段があり上に部屋がある。
従業員の部屋ではないか?と思うほど狭く、壁が途中から
斜めになっていてとっても使いにくかった。
2部屋とも同じような部屋。
小窓を開けると正面に父と母が同じく窓を開けていたので驚いた。

まだ明るかったので、凱旋門に向かう。夕日の沈むところを凱旋門に上って見ることにした。ちょうどパリ市内を夕日が照らしていてとてもきれいだった。
Vol.12 凱旋門

翌日、ベルサイユ宮殿へ向かう。
ちょうどツアーの観光者が到着した時間と重なり入り口は大渋滞。
押されながら入り、ちゃっかり日本人ガイドの話を聞きながら移動した。
(混んでいて前に進めず、聞いたと言うより聞こえちゃった感じ)。
それでも、そんなに興味のない我が家はさっと見て周り、
午後にはパリにもどり今度はエッフェル塔に向かった。
5月初旬の天気にしては汗ばむ陽気で、エッフェル塔も混雑していた。
エッフェル塔を出て、反対のシャイヨー宮で少し休憩をする。
エッフェル塔を眺める父、母、妹の三人がとても自然だったので、
なんとなく写真で撮ってみた。
現在、実家の玄関には凱旋門の写真が、階段の途中にはエッフェル塔を眺める3人の写真が飾ってある。
私の写真を気に入ってくれている両親が、飾ってくれているのだ。

パリをちょっとだけ堪能し、夕方、アムステルダムに向かう。
夜ホテルにつき、別々の離れた部屋でくつろいでいると、
突然内線が鳴った。
母からの電話で、何かトラブルが合ったらしい。
妹と慌てて両親の部屋に行くと、
ホテルスタッフに父が何か言われていた。
全く英語の分からない父は、日本語で「分かりません!」と答え続けていた。
私が聞いてみると、バスタブにお湯をためるな!と言っていた。
お湯をためる音が響いてうるさいらしい。
えっ?あんな小さいバスタブにお湯???
のぞいてみると、お湯をためている・・・。
スタッフに謝り、父に事情を説明した。
湯船につかるのが好きな父は、我慢ができなかったらしい。
色んなところに連れて行ったので、相当疲れていたんだろうなぁ
と私も反省したが、翌朝、また懲りもせず父はバスタブにお湯をためた。
もちろん、朝方、スタッフが注意しにやってきた。
が、学習したのか?次はドアを開けるものか!と
父はホテルスタッフをずっと無視し続けたらしい。
チェックアウトするのが恥ずかしかった。

そして父の一番の希望だった、水車を見に行く。
Vol.12 水車
アムステルダムから電車で程近いキューケンホフという町。
風車が立ち並び、オランダに来た!と実感できる。
え~風車??と一番興味のなさそうだった妹が一番はしゃいでいた。
大きな木靴に入ってみたり、風車の小窓から顔を出したり。
父は風車を見つめていた。何か思い出でもあるのだろうか?
母は花とお土産に夢中だった。

Vol.12 アムステルダム

短いゴールデンウィークの家族旅行。
短いながらもそれぞれの心に思い出は残っている。
見る