1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. コンシェルジュブログ
  4. グリズリーベア・ツアー

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 渋谷 明子
【2007年9月9日[Sun]】 海外

グリズリーベア・ツアー

グリズリーベアって、そんなに簡単に出会えるもの??
と思っていたのですが、
から行ける森の中では、
かなり高い確率で遭遇できるようです。

前日に行った人は、10頭も遭遇できたらしい!
と聞いて、ドキドキしながら参加しました。



ゾディアックという頑丈なゴムボートに乗り込み、
グリズリーの住む森へ向かいます。

限りなく透明な海の上を、スムースに進みます。



途中、鳴門海峡のような渦・・・

ものすごく潮の流れが激しく、、、
でも、それがなんとも美しい光景なのです。

ふと、森に目をやると、アメリカンイーグル(白頭鷲)が!



アメリカの国鳥なのですが、数が少なくなり、
今や保護動物に指定されたアメリカンイーグルが、
すぐ近くの木の上にいました。

森の入り口に到着すると、水上飛行機で到着した先客のかたがた。



カナダでは、水上飛行機がよく利用されています。
(バンクーバーには、水上ガソリンスタンドもあります。)

森の中には、いくつか、グリズリーベアを観察する
展望台のようなものがあり、



その展望台の階段の下には、熊達が登ってこないように、
柵が取り付けられています。



まず、ガイドさんが危険がないかどうかチェックして、
お客さんが登る間、見張っていてくれます。
映画ジュラシックパークな世界です。

いくつか展望台を巡り、最後に少し歩くスポットに向かう際には、
ガイドさんが万が一に備えて、銃を携帯してくれます。



ちなみに、今まで一度も使ったことはないそうです。

こんな風に、「来ないかな~」、「どうかな~~」と待ちます。



この日は残念ながら、遠くに1頭見ることができただけ。
望遠で撮ったので、見えにくいかもしれません。。



前の日に10頭も出現したということは、
きっと、いっぱいサーモン食べて、今日は寝てるのかも・・・
と、残念にも思いましたが、

グリズリーベアに何頭も遭遇しなかったけど、
この素晴らしい景色を見に来れただけでも充分!!



彼らは普段、こんな美しい自然の中で、
お腹いっぱいになるまで美味しいサーモンを食べているわけで、
なんだか、うらやましい気がしました。

途中、鹿が通りかかったりして、、



スリリングな、楽しいツアーでした。



-----

ご感想・カナダ旅行のお問合せはこちらまで
見る