1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. アロイス・カリジェの見たスイス チューリッヒ

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 柳川 ともみ
【2007年12月18日[Tue]】

アロイス・カリジェの見たスイス チューリッヒ

カリジェの絵本のお話、第2弾です
前回の絵本「ウルスリの鈴」というのは原作者が別にいて
彼は絵だけを手がけたのですが
その後お話も自分で作るようになりました

そのひとつ「マウロスとマドライナ」という絵本では
チューリッヒの風景がたくさんでできます


お話は田舎に住むマウロスが、
チューリッヒに住むいとこのマドライナを訪ねに来るというものです
  「マウロスとマドライナ」の絵本より

  マウロスが列車の中から外を眺めています。
  どうやらここは川ではなくチューリッヒ湖のようですね
  今でもチューリッヒに南から入る列車は湖の西側を走っています
  よく見ると遠くにはチューリッヒの大聖堂や聖ぺーター教会、
  聖母教会の塔が見えます。
  この3つの塔の形は現在と変わらないようです


   この景色が見たい方は
   ルツェルンからチューリッヒへの列車の旅をどうぞ!!
     (進行方向右側に座ってね^-^)


列車の中の様子はずいぶん違いますね
多分これが当時のコンパートメントのスタイルなのでしょう

  いとこのマドライナとおじさんに無事会えたマウロスは
  チューリッヒのいろいろな場所を見学します

「マウロスとマドライナ」の絵本より

ここはチューリッヒの街の真ん中を通るリマト川が
チューリッヒ湖に注ぐケー橋Quaibruckeの上から街を眺めたものです
証拠写真はこれ (絵本と見比べてくださぁい)


**************************

チューリッヒの観光スポットはそれほどたくさんありません
でもこんな風に、絵本と同じ景色探しというテーマがあれば
楽しく街を歩くことができます

残念なこともありました
いくら探してもカリジェの見た風景の場所がないのです
大聖堂の見える角度や高さ等を考えて
「このあたり」とたどり着いた場所は
パワーシャベルが高台の土を崩していました

   丁度日本のバブルの頃に
   小さな家々や路地が消えて
   巨大なビルが出来上がっていったように・・・

最後に今はもう見られない
  チューリッヒの風景をご覧ください
「マウロスとマドライナ」の絵本より
  泉の前の家はマドライナの家で
  マウロスはマドライナの指差す2階の部屋に泊りました

by ももたん
見る