1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. 韓国旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Ko4 サムゲタンで暖ったまろ

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2008年3月16日[Sun]】 海外

Ko4 サムゲタンで暖ったまろ

厳寒の2月のソウル。小雪舞い散る真冬のイーテーオンを、カミさんと二人で歩く。頬を刺す冷気に背筋がピンと緊張する。カチンカチンに凍りついた歩道をぶらつきながら、こんな寒い中を、よくもまあ好きこのんでソウルに来るものだと思う。旅行商品開発と言う仕事柄仕方ないが、年末年始の繁忙期を終えての短い休暇である。

null

「おなかすいたぁ、アレ食べたいね」
カミさんの言葉に、ぼくのテレパシーがフル回転。アレってなんだろう?胃袋がグゥッと反応する。ビビッと閃いたのは、ホックホクのウコッケイのサムゲタン。ウコッケイは烏骨鶏。サムゲタンは参鶏湯と書く。烏色の丸ごと骨付きの鶏を土鍋でグツグツ煮込んだスープ料理である。

null

表通りからタクシーに乗り込み、南大門横を北上。景福宮横の脇道を走り抜け、賑やかな商店街を横にみて、その奥まった静かな小道を進むと、馴染みの「土俗村」に到着する。 昼時の店の中は、ソウルっ子で混雑していた。

null

「アンニョンハセヨ!」
元気良く、昔染みの李店長に挨拶する。笑顔の中に、懐かしさがこみ上げてくる。暫く待つと、小振りの土鍋からほっかほかの湯気が立ち上り、参鶏湯が登場する。一人用の土鍋の中に、餅米、高麗人参入りの参鶏湯が、コクのある塩味スープの中に、丸ごと1羽隠れているという感じである。

null

フーフー、ズルズルッと塩味スープをすする。高麗人参の微かな香り、濃厚なコク。手羽先肉を前歯にひっかけ、肉を削ぎ取る。柔らかい食感。とろりとした喉越し。絶品。
「あァ、うまいッ、しあわせーッ」
笑顔がこぼれ、ウフフッと口元が思わず緩む。

暖かなオンドル部屋の中でカミさんと2人。美味い料理とビールを味わい、至福の時が流れる。ぼくらは世界一の幸せ者だね。美味い味に国境はない。グルメタウンソウルへの旅は、こうして毎年続くのである。(続)

ソウル・グルメツアーのお問い合わせはこちらまで



見る