1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. 韓国旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Ko10 お昼は“家庭風韓定食”

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2008年6月20日[Fri]】 海外

Ko10 お昼は“家庭風韓定食”

初夏のソウル。
ぼく達は1年ぶりに韓国を再訪した。漢江の川風が清々しく気持ちよい。金浦空港から出迎えの車の中で、友人の韓さんが助手席から振り向き、笑顔で話しかけてきた。
「さっそくですが、お昼に家庭風韓定食はいかがですか」

明洞に新しく、家庭風韓定食を食べさせる店ができたらしい。いわゆる料亭での宮廷風韓定食ではなく、一般的な庶民の家庭風韓定食である。
「気軽で良さそうね」
さっそくカミさんが反応する。話がまとまったその足で、そのレストランに向かった。

null

賑やかな明洞の中心街を通り抜け、脇道を曲がる。門構えが瀟洒で、地味な佇まいのレストランの前に車が止まった。玄関から声が聞こえる。
「いらっしゃいませ、ようこそ、アンニョンハシムニカ」
チマチョゴリ姿の女将が、笑顔で迎える。

店に入ると静寂な香の匂いに包まれる。車から予め注文していた韓定食の先付料理とビールが出てくる。ぼくの好きなハイテ。3人で乾杯する。



まずは松茸とアワビの先付け、続けて茹で豚の白菜巻。野菜を巻く九節板と焼きいしもち。オイキムチに干し明太子。次に、鮮やかな緑色ゴマの葉。鮮やかな緋色のユッケの上に橙色の卵の黄身。涼やかな水キムチの中に純白のダイコンと赤トウガラシ。生唾も溢れだす味覚の連続。整然と並ぶ食器。食材が野菜中心で色彩も美しい。

null

しばらくして、牛肉のカルビ焼き。おからスープにおぼろ豆腐。キノコの緑豆炒め、等々。冷たいものはひんやりと、熱いものは熱々で、家庭風韓定食の料理は女将さんの裁量で決まる。最後は豆腐チゲ、キムチ、白飯でしめる。

現在、韓定食は3種類と言われている。まず、宮廷風韓定食は賓客を迎える為にあらかじめ殆ど全品がテーブルに用意され、見た目にも美しく、古風で上品な味である。

逆に、懐石風韓定食は現代的で、温冷感と味の濃淡に合わせた繊細な間と流れの西洋風を取り入れたコース料理。一方、今日の家庭風韓定食は野菜と豆腐料理を中心に、ヘルシーな数種類の素朴なおかずをセットした庶民派のお袋の味だ。

美味いものには身分も時代も関係ない。我々夫婦の美食探求の旅は、まだ当分続きそうである。(続)

ソウル・グルメツアーのお問い合わせはこちらまで

見る