1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. 中南米・カリブ旅行
  4. ブラジル旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. 歌うブラジル(元)文化大臣♪ジルベルト・ジル来日公演

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 深山 哲夫
【2008年9月11日[Thu]】 海外

歌うブラジル(元)文化大臣♪ジルベルト・ジル来日公演

待ちに待った!いよいよ楽しい夜がやってきた!
ブラジルの偉大なる音楽家、ジルベルト・ジルの来日公演!
大阪厚生年金会館は、そんな嬉しい気持ちでいっぱいの観客達でにぎわっていた。
来日公演は10年ぶりで、大阪公演はなんと18年ぶり!だそう。

まずは、日本きってのブラジル音楽愛好家、宮沢和史がプレゼンターとして登場。
「ここにいる方々に、僕から彼のことを紹介するのは野暮かもしれませんが・・・」
とはじまりジルベルト・ジルについて、愛情を込めて的確な言葉で語り、
そしてついに神々しい彼がゆっくりと現れ、会場は喜びに包まれた。

自由奔放で、温かくて楽しくて、幸せな音楽を体現し続けるジルベルト・ジル。
体が音楽でできている人、ジルの音楽は無限大。

ついこないだの7月まで、約5年間ブラジル文化大臣を務めた。
やはり政治活動と音楽活動との両立は、とても難しく、
「ようやくルーラ大統領が自由の身にしてくれた」そう。
彼が音楽に専念できるようになって、私達みんな嬉しい!

途中で1曲、宮沢和史が三線を持って再登場し共演した。
ザ・ブームの、いまや世界に広がったあの名曲を。
半世紀にも渡るブラジルのスパースター、ジルと!
「日本ブラジル交流年」にふさわしく、なんとも感慨深い。

ブラジルのミュージシャンは、還暦を過ぎても、常に最盛期。
それどころか、どんどん魅力が深まっていくばかり。
これからもずっと、わくわくする音楽を世界に届けて下さい、ジル!



今回のツアー、カメラ・ビデオ、持ち込み・撮影自由でびっくり。知っていたら・・・。
みんな、撮りまくってました。なので、たくさんウェブ上にアップされています。
もちろん、生ライブには到底かないませんが!

大阪公演を皮切りに、東京、名古屋などに登場!
9.11(木)東京国際フォーラム
9.14(日)名古屋市・久屋広場「愛知ブラジル交流フェスタ」入場無料
9.15(月・祝)横浜赤レンガパーク
   「10,000 SAMBA~日伯移民100周年記念音楽フェスタ」入場無料

 



南米旅行のご相談はこちらまで
 
見る