1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. 韓国旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Ko14 “松茸カルビ焼き”は究極のグルメ!?

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2008年10月17日[Fri]】 海外

Ko14 “松茸カルビ焼き”は究極のグルメ!?

食欲の秋。
毎年10月下旬になると、カミさんと2人で韓国の首都ソウルを再訪する。いつものように、金浦空港からタクシーに乗り込み、東大門の朝市を目指す。途中、昌徳宮正門、宗廟など、ソウルの世界遺産を車窓から見ながら進む。

null
昌徳宮正門
null
宗廟中庭

東大門の入り口で、車を待たせたまま、人混みをかき分けすり抜け、食品売場に向かう。笑顔のアジュマから、朝もぎ松茸を五百グラム程買いつける。
準備よし。さあ、馴染みの焼き肉レストラン「R」に直行し、骨付き鮮(セン)カルビと一緒にてんこ盛りの網焼きにするのだ。

null
イメージ(韓国産松茸)

本場ソウルの焼き肉といえば骨付きセンカルビが旨い。サンチュ、玉ネギ、人参等の生野菜が中皿に、キムチ、コチュジャン、生ニンニク等の薬味が、別々の小皿に付く。いつものように店長の姜さんにお願いし、持ち込みの松茸をザッと水洗いして、食べやすく細切りにしてもらう。最後に生肉の骨付きセンカルビが、大皿に盛られてくる。店の特製キムチをつまみに、まずは、OBビールで乾杯。

金網のセンカルビを中心に、薄切りの松茸を、円を描くように載せていく。焼き始めると肉汁の匂いに混じり、ほのかに松茸の香りが立ち上る。その食欲をそそる甘い香り。あァ、たまらん。待ちきれない。

null
イメージ(骨付き鮮カルビ)

ガバッ、松茸と共に焼きたての肉を、口いっぱいに頬張る。ハフッ、ハフッ。
柔らかな食感。コクのある甘辛の喉ごし。ああ絶品。
「生きてて良かったーッ」
カミさんとぼくの笑顔、笑顔。フーッ、と持ち込みの松茸を食べ尽くし一息いれる。至福の時が流れる。

ウームッ、松茸と骨付きカルビだけでは物足りないな。姜さんに、取って置きのコッドンシムをお願いする。俗名、花ロース。厚めにカットした霜降り牛肉の表面をサッと焙り、レア気味のまま塩胡椒で食べる。噛めば噛む程、肉汁の甘みがジワッと広がる。サッパリした塩味とキレの良さに、美味すぎて目尻が下がる。一瞬、夫婦の会話が止まる。

美味いものに国境はない。人生で一番大切なものは、美食の旅とカミさんの笑顔。我々の夫婦仲はグルメ旅行が続く限り永遠?少なくとも今はそう願いたい。グルメタウンソウルへの旅は、終わりのない旅である。(完)

ソウル・グルメツアーのお問い合わせはこちらまで



見る