1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. オセアニア旅行
  4. オーストラリア旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Au3 エアーズ・ロック “ウルル” サンライズ登山

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2008年10月30日[Thu]】 海外

Au3 エアーズ・ロック “ウルル” サンライズ登山

ホテルのベッドの枕元の目覚まし時計を見ると、明け方の4時30分過ぎ。カーテンをザーッと開け、窓越しに見る外はまだ真っ暗である。ホテルのフロントでの集合時刻は5時なので、先ずは洗面を済ませ、身支度を始めた。

ホテルのフロントで、朝食弁当の厚紙ボックスを受け取り、ロビーで観光バスを待つ。モーニング・パックの中を覗くと、ハム・チーズサンドにクロワッサン、チョコレート・バー、缶入りオレンジジュース、小振りの青リンゴが一つ入っている。

しばらくすると、送迎の大型観光バスがホテルのエントランスに横付けし、日本語ガイドの「かおりさん」がぼく達の名前を呼んだ。
「ハーイ!グッモーニング」
バスは走りはじめ砂漠とステップ草原の真っ直ぐな道路をひたすらエアーズ・ロックに向かって走る。

まだ日の出には大分時間がある。昨日の夕方は、エアーズ・ロック登山が出来ない程の強風が吹いている状況であったが、今日はどうだろうか、不安である。

null
朝焼けのウルル

20分後、ウルル(エアーズ・ロック)のサンライズ・ビューポイントに到着、朝食を取りながら、朝焼けのウルルを鑑賞することになった。ビューポイント近くの駐車場は、朝焼けのウルル見物の観光客の車で、かなり埋まっていた。

null
ウルル・ビューポイント

太陽が徐々に東の地平線から昇り始めているが、まだまだ寒く、摂氏2度。空気は透明で乾燥している。砂漠性気候なので、日照の無い朝晩は急激に冷え、防寒服が必要である。日中は、急激に暑くなり、Tシャツ1枚で十分であるのだが。

遙か彼方の東の地平線に太陽が昇って来ると、気温が徐々に上がってくる。朝食を食べ終えて、さあ、ウルル登山に行こう!ウルルはようやく眠りから覚めてぼく達を迎えてくれた。しかし、近づいていくと登山口には人影がない。

null
ウルルの登山口

ゲゲーッ!なんと、今日も強風注意、登山禁止の立て札が柵の向こう側に横たわり、登山者の入山を拒否している。
日本語ガイドのかおりさんが、
「ごめんなさい。今日は残念ながら強風の為に登山禁止です。また明日、チャレンジしましょうね。」

残念、無念!我々はウルル登山をあきらめて、ウルルの麓めぐりツアーに切り替えることになった。麓めぐりツアーは、ウルルの岩陰を歩きながら、ムディジュル・ウォーターフィールドまで散策し、岩肌に描かれたアボリジニのロックアートなどを見る大自然体験ツアーである。

null
アボリジニ・アート

次ぎに、見に行ったのは、気の遠くなる様な長い時間の中で、風と岩盤が残した自然のアート!岩と岩の間の小石が、長年の風により岩を削り海の波乗りのウエーブに似たロック・ウェーブを形作っている。

null
ロック・ウェーブ

オージー大陸の自然満喫ツアーはまだまだ半ば。これから、バスに乗り、エアーズロックリゾートに戻る途中に、ウルル・カタジュタ・カルチュアルセンターにより、昼食。その後、一旦ホテルにもどり、暑さの厳しい午後は快適な部屋で一休みの予定である。

null
オージー大型観光バス

涼しくなる夕方からは、砂漠の中をラクダに乗って、ウルルのサンセットを見に行く、自然体験ツアー「キャメル・エクスプレス」に挑戦するのだ。(続)

オージー・エコツアーのお問い合わせはこちらまで

見る