1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 北海道旅行
  4. コンシェルジュブログ
  5. Hm47 真夏の北海道!道央の見どころ ◇ 北の国からの風景SP

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2009年7月8日[Wed]】 国内

Hm47 真夏の北海道!道央の見どころ ◇ 北の国からの風景SP

前回の団体観光ツァーで、ファーム富田を訪問したのは6月下旬。その時点では、残念ながらラベンダー畑の花は1本も咲いていなかった。

7月になり、今回のツアーは時間に余裕があったので、スペシャルサービスで、お客様をファーム富田にご案内した。

null
ファーム富田案内板

7月の初旬なので、まだダメかなぁ、という不安な気持ちを抑え、裏の駐車場に観光バスを止め、いよいよラベンダー畑とご対面である。

null
広大なラベンダー畑

まだ薄紫の花は満開とはいかないが、さすがファーム富田の早咲きラベンダーは畑一面、紫の絨毯のように、迫力のある咲き方をしていた。

null
アイスランドポピー

隣の花畑には、アイスランドポピーやルピナス、マリーゴールドなども整然と咲いていて、美しい。

null
ルピナス

ルピナスは相変わらず開花時期が長く、紫からピンクまで数種類の色が楽しめる。マリーゴールドの花は黄色とオレンジ色の2種類がある。

null
マリーゴールド

その畑に隣接して、チャイブの花がほぼ満開である。若干、隣接した花より個性と迫力には欠けるが、それなりに美しい。

null
チャイブ

サルビアには赤サルビアと青サルビアがあり、前回は未開花状態で目立たなかった赤サルビアが満開になっている。

null
赤サルビア

ファーム富田の自慢は、晴れた日の雄大な残雪の大雪山連峰と、各種の花畑が絵のようにマッチングして、北の国からの1シーンを見ているようである。

null
北の国からの風景

我々のツアーはグループ毎に「北の国から」の映画から抜け出したような風景。ラベンダー畑と壊れた馬車の荷台の前で記念写真を撮った。

その後、ラベンダー畑に満足し、本日の最終目的地、新千歳空港へと出発したのである。(続)

北海道・個人旅行のお問い合わせはこちらまで

見る