1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 北海道旅行
  4. コンシェルジュブログ
  5. Hm54 真夏の北海道!道東の見どころ ◇ 知床観光船・硫黄山航路

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2009年8月14日[Fri]】 国内

Hm54 真夏の北海道!道東の見どころ ◇ 知床観光船・硫黄山航路

その日の早朝、ホテルから宇土路港に直行し、観光バスを降り、真っ先に知床観光船に乗り込んだ。今日は快晴で、またとない知床半島観光日和である。

太陽が明るく輝く中、知床観光船は08:15の定刻に、宇土路港から沖に向け出航した。

null
知床半島に添って進む観光船

8月の初旬ともなると、知床半島の夏の盛りは過ぎ、秋の気配が漂い始めていた。船室から外に出ると海風が気持ち良かったが、少しつめたく感じる。

null
知床連山

船の上から雲上の切れ目に輝く知床連山の雄姿を見ると、知床観光のピークを迎えたと実感が湧いてくる。知床観光船は沖に向け、速度を上げはじめた。

null
全速前進

断崖絶壁に添って観光船が全速で進んでいく。大海原が拡がるオホーツクの海である。30分も過ぎる頃から、遙か前方に知床岬が霞んで見えてくる。

null
遙か彼方に知床岬

大きく船がUターン。その先には、カムイワッカの滝が見える。滝に向かって船が進んでいく。

「ただいま、前方にカムイワッカの滝がご覧頂けます!」と言うアナウンスがあると、船内から観光客がほぼ全員、船のデッキに出て鈴なりになっている。

null
カムイワッカの滝

船がUターンし、硫黄山航路の帰路に就くと、観光客はみな、「知床観光」を満喫できた感動と、満足感にひたりながら、ぞろぞろと船内に戻りはじめた。

null
さよなら知床連山

知床半島は観光シーズン真っ只中となったが、10月下旬まで知床観光が無事に続いてくれれば良いなと思う8月5日の早朝であった。(続)

北海道・個人旅行のお問い合わせはこちらまで
見る