Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
「<b><font color='deeppink'>ももたん</font></b>流 外国語の覚え方」 コンシェルジュブログ - 旅行プランのオーダーメイド見積もり【Pratikyemektarifleri】- pratikyemektarifleri.info
  1. ホーム
  2. ヨーロッパ旅行
  3. フランス旅行
  4. コンシェルジュブログ
  5. ももたん流 外国語の覚え方

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 柳川 ともみ
【2009年11月18日[Wed]】

ももたん流 外国語の覚え方

外国語の勉強の話かぁ
なのに、写真もない記事でゴメンチャイ、
  でも頑張って読んでくれたら
  外国語の勉強が
  少しは楽しくできるようになると思うよ
♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪ ♪

「日本語は難しい」と外人さんは言うけど
生まれたときから日本語を話している日本人には
英語とかフランス語とかの方が、よっぽど難しいよね~

  言語学的な勉強をしたことないから
  ももたんの勝手な推測なんだけど
  日本語の挨拶って時間と動作が合わさっているみたいな気がする
    朝の挨拶「おはよう」は、漢字で書くと「お早う」でしょ
    これは「朝早くから元気に過ごしてるね」ってことじゃないかなぁ
    何が朝早くて何が元気なのかは
    例えば、「早くから起きて畑仕事に精を出しているね」とか・・・

  「おやすみ」は夜の別れの挨拶と、寝る前の挨拶だけど
  「もう寝なさい」って意味でも「お休み」って言うし ^-^
    面白いのはママが子どもに「お休み」って言うだけじゃなくて
    先に寝る子どもも、
    ママに「おやすみなさい」って挨拶すること
    ママはまだ寝ないのに

**************** **************** **************** ****************
Good Morning / Good Afternoon / Good Evening
それに比べて、英語の挨拶は日本語の形とぜんぜん違うよね~
「良い朝(昼/夜)だね」って言っているんだもん
  日本語と英語とでは
  文法だけじゃなくて、助詞(て・に・を・は)がどうのこうのだけじゃなくて、
  言葉そのものができていく仕組みが
  根本的に違うんだろう

そうやって考えると
日本語が難しいって言われるのも わかんないこともない

し・か・し
ももたんたち日本人にとっては、英語の方が難しいのだ ^-^
そんで
英語ができれば海外旅行が楽しくなるかというと
ももたんが好きなヨーロッパは英語圏とは言えない
  英語圏なのはイギリスとアイルランドとマルタだけ、かな?

ドイツに行くならドイツ語を、フランスに行くならフランス語を、
イタリアならイタリア語を覚えなくちゃ
・・・っていうことになる ^-^

「英語だってムリなのに、そんなのやってられん」って言う人に
とっておきの勉強方法を伝授しちゃうね

そうは言っても ももたんが伝授できるのは
ゲルマン語系とラテン語系だけ
  つまり西側ヨーロッパで話されている言葉だけのお話
  後の言葉はまだ研究が及んでいない ^-^

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★  
英語の朝の挨拶は「良い朝ですね」って言ったでしょ
  ヨーロッパの挨拶は、ほとんどこのシステム

例えばドイツ語だと
おはようはGuten Morgen(グーテン モルゲン)で、直訳すれば「良い朝」
こんにちわは、Guten Tag(グーテン ターク)で「良い日」って意味 ^0^

ほら、もうドイツ語の単語を5個も覚えられたよ
  挨拶の単語2つと、「良い」と「朝」と「日」をね

Tag が「日」って意味だとわかると
レストランの入り口に出ている看板の Tages Menuが
「今日の定食」ってことも理解できちゃうし
メニュー表の中の
Tages Suppeも 今日のスープ のことだって、わかっちゃったりする
  語尾変化があるから元の単語を考えてみたり
  知らない単語を
  「英語のスープと似てるよね」って考えてみたりする
  多少の想像力は必要だけどね ^0^

**************** **************** **************** ****************
「発音は? ねぇももたん、それをどうやって読めばいいの?」
発音なんて後回し、どーでもいいのだ

メニュー表を指さしゃ、間違いなくそれが運ばれてくる ^-^
  もし「Tages Menu 今日の定食」がメニュー表に載っていなかったら
  ウェイターのおにーさんをレストランの入り口まで連れて行って
  入り口においてある看板を指さして「これ」って言えば通じるよ
  この方法なら、日本語で言っても大丈夫 ^0^

第一ね、
もし流暢なドイツ語で注文をしたら
おにーさんもドイツ語でイロイロ言ってくるよ
  「ワインはどれにしますか」
  「どうぞ召し上がれ」
  「お味は、いかがですか」
  「飲み物のお代わりはどうですか」
  「コーヒーやデザートはどうしますか」

これね、ももたんが適当に並べて書いたんじゃなくて
レストランで食事をすれば
大抵これぐらいの言葉は話しかけられる
    
自分の言いたいことはナントカ言えても
相手の言うことを聞き取って、質問に答えるのは至難の業でしょ
  だから「ドイツ語で言わなくちゃ」って思う必要なし ^0^
  短い旅行ならこれで十分だよ
  ・・・短い旅行を何度もしていても
  指差し会話から成長できない ももたんだけど ^-^


朝の挨拶は全て「良い朝」かと思うと
Buon Giorno(ブォン ジョルノ/イタリア語)もBonjour(ボンジュール/フランス語)も
「良い日」って意味で
英語やドイツ語とはちょっと違うね
ドイツ語は昼の挨拶が「良い日」だったモンね
  英語では良い日 Good Dayという挨拶はしないけど
  オージー・イングリッシュ(オーストラリアで話す英語)だと
  Good Day が縮まって「グッダィ」って挨拶する

でも挨拶の言葉は同じ仕組み(良い + 時間帯)だよ
  ももたんの研究が及んでいないスラブ語(チェコ語とかポーランド語とか)も
  挨拶に関してはこの法則どおりみたいだね 

イタリア語とフランス語の挨拶が似ていたように
同じラテン語系の言葉だと、いろんな単語が似ていることも多い
  すると、
  あるイタリア語を覚えたら
  同じ意味のフランス語も覚えられたりする、とっても便利
  例えば
  「良い」はイタリア語でBuono で、フランス語だとBonって一緒に覚えちゃう
  ありゃ、フランス語で「セ・ボン」って言うけど
  もしかしたら、このボンも「良い」のことかなぁって思えるようになったら
  ももたん流の勉強方法をマスターできたよ ^0^

こんな風に知っている単語の数を増やしてみてね~

ヨーロッパの東にあるルーマニアは
その周辺がスラブ語系なのに、
ルーマニア語はイタリア語と同じラテン語系の言葉
ルーマニア語の「こんばんわ」は Buna Seara ブナ セアラっ言うんだって
      正確にはBuna の a の上に vマークがつく
  イタリア語の「こんばんわ」 Buona Sera ブォナ セーラとよく似てるよね
  もちろん、イタリア語もルーマニア語も「良い夜」って意味だよ

文法なんて知らなくて大丈夫
  少しでも知ってる単語があれば
  10日ぐらいの旅行は問題なく楽しめるよ


最後まで頑張って読んでくれた人は
 ルーマニア語まで覚えちゃったね!! 
by ももたん
  ももたんと話がしたい人はコメントを書くかメールを送ってね 
  by ももたん の部分をクリックするとメールが送れるよ ♪



観光地情報はコチラ 
  または、画面左側の海外情報 ヨーロッパ国別観光地情報のカテゴリーを
  クリック!!

お願い
  高齢者・障害を抱える方の旅の啓蒙・普及活動をするために
  ももたんのブログを多くの人に読んでもらおう ^0^
    読者を広げるブログランキングに参加しています
    良かったら下記をクリックしてください
 
見る