1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 北海道旅行
  4. コンシェルジュブログ
  5. Hm62 初夏の北海道!道央の見どころ ◇ 花人街道237

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2010年6月17日[Thu]】 国内

Hm62 初夏の北海道!道央の見どころ ◇ 花人街道237

道央の空知支庁管内の美瑛町から占冠村までつづく、国道237号線。この国道がなぜ花人街道と呼ばれるのだろうか・・・

null
最新型の団体観光バス

上富良野町は北海道のほぼ中央部に位置し、大雪山国立公園に含まれる十勝岳連峰と裾野に広がる丘陵地帯が、雄大な自然と四季折々の魅力ある景観を創りだしているラベンダー発祥の町である。

null
十勝連山を望む

6月初旬の日曜日ともなると、上富良野町にある花畑も色彩りが徐々に増して、初夏の気配が漂い始めていた。

null
花の咲き始めた花畑

ここ「フラワーランドかみふらの」は上富良野町の高台にあり、景色と同時に四季折々の多種多様なお花を楽しむことが出来る。

null
温室の中は花盛り

以前、春まだ浅い残雪の時期に訪れたこともあるが、温室の中はいつも花盛りであった。

null
鉢植えの早咲きラベンダー

さて、「富良野」の語源はアイヌ語「フラヌイ」が「硫黄の臭気のある水が終始漂っているところ」を意味することにも、火山活動地帯であることが示されている。花人街道の近くには十勝岳温泉郷がある。

null
プランターの花々

十勝岳温泉郷は、標高1,280mに位置する北海道一高い大自然の中の秘湯である。野趣あふれる露天風呂からは、昼は360度の展望が眼下に広がり、夜は空を見上げると幾千もの星たちに出会えるのだ。

null
路地植えの花の蕾

路地植えの花々はまだまだ蕾だが、7月初旬ともなれば、百花繚乱ともなり、花人街道の名に恥じない花畑の連続が見られるようになる。

null
鉢植えのラベンダーラインアップ

花人街道に咲く花々が、北海道を訪れる観光客の一人一人の心に安らぎと幸せをもたらすようにと願わずにはいられない、爽やかな初夏の午後であった。(続)

北海道・個人旅行のお問い合わせはこちらまで
見る