1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. 中南米・カリブ旅行
  4. エクアドル旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. あなどれない!?高山病

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 山路 幸子
【2005年5月25日[Wed]】 海外

あなどれない!?高山病

高山病
日本を出た後、アメリカ南部に1週間ほど滞在し、エクアドルの首都キトへ向かった。

真夜中に到着したのでとりあえず超有名ガイドブックに載っているホテルに向かった。
1泊2人で11ドルはしたと思う。なかなか良いホテルだった。
さあ、ゆっくりお茶でも飲みながら・・・・と言っていると
どうも夫も私も行動がスローモーションなのだ。
(写真は高山病中?の夫)

「たばこでも吸おうかなあ。」と夫。
「そーやなあ」と私。
「コーヒー飲みたいなあ」と夫。
「そーやなあ」と私。
しかし先ほどから全く動きがない・・・・。どうもおかしい。
笑いが出てくるほど2人の動作が遅いのである。

そうか。これが噂の高山病か。

キトは標高2850Mある。
人によって症状が違うらしいが、私たち夫婦には頭がボーっとする倦怠感症状のようだ。
これが高山病だと気がついた私達は、とりあえず希望していた
タバコとコーヒーを飲んでから、この日はおとなしく寝ることにした。

翌日になると気分もすっきりし、

「私達も高山病にかかったね」

などと笑いながら話せるくらいに回復した。

高山病は人によっては頭痛、吐き気、めまいなどさまざまで、
自分は全然大丈夫と思っても、急に夜になって症状が出る場合もある。
高地に行かれた際は、大丈夫と思ってもしばらくは
ホテルなどでゆっくりされることをお勧めします。

見る