1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. イタリア旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Vol.25 Siena ~シエナ~

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 三田村 忍
【2010年12月12日[Sun]】 海外

Vol.25 Siena ~シエナ~

9/16 SIENA

サンジミニャーノのバールでシエナ行きのチケットを買い、
再度プルマンに乗って次の目的地シエナへ。
シエナ直通バスだが、Poggiponsi経由で向かう。

約1時間でバスはシエナのグラムシ広場へ到着。
9月中旬なのに、真夏のような暑さだ。
まずはサンフランチェスコ教会へ。
ランタイムのシエナの町は観光客と地元の人々でごった返していた。

パンキ・ディ・ソプラ通りからカンポ広場向かわず、そのままチッタ通りへ。
Siena1
昔ながらの面影をとどめるチッタ通り。
両側に建つ家々は歴史を感じる。

そして、ドォーモへ。
白亜の大理石が見事なドォーモと隣接するドォーモ付属美術館。
美術館の最上階に展望台に続く階段があり、
その展望台からはプッブリコ宮やマンジャの塔を見渡すことができる。
展望台は入場制限があり、数十分おきに総入れ替えで入ることができる。
見学時間は決まっているのか?いないのか?やや適当な感じだ。
Siena2
展望台からみたマンジャの塔とカンポ広場

つづいて、ドォーモへ。
入った瞬間に思わず、「スゴっ!」と声が出てしまった。
外観のファザードも見事だが、それ以上に象嵌と描き絵で覆われた床は、
予想以上の大きさで、迫力満点!
壁一面のフレスコ画も圧巻で、シエナ派の画家達の素晴しさを素人でも感じ取ることができる。

Siena3
ドォーモ

軽くピザを立ち食いし、カンポ広場へ。
日差しがピークにも関わらず、カンポ広場では遅い昼食を取る人々で賑わっている。

さて、マンジャの塔に登るべきか?
先程、美術館の展望台は行った。
恐らく、マンジャの塔も数百段の階段をひたすら登るのだろう。
入り口をのぞいてみると、並んでいる人は多くない。
すぐ入れそうだ。
とりあえず、並んでみよう。

待つこと30分。止めようかなと思ったときに、列が動き始めた。
塔の中に入り、更に30分後、やっと入場。
ここも総入替で入場制限しているらしい。
荷物はロッカーに入れなくてはいけないらしく、
荷物を全部リュックに入れて持ち歩いている私としては、
身軽に階段を登れるだけでも、ラッキーだと思った。
が、何といっても階段がしんどい。
昨日のフィレンツェのドォーモの階段、
今朝のサン・ジミニャーノの階段に引き続き、
ひたすら登り続ける階段に、両足の太ももは疲労と筋肉痛でなかなか上がらなくなっていた。
だが、狭い階段で引き返すわけにも行かない。
しんどすぎて独り言が出てしまう。
途中で後悔すら出てしまう。
途中、休憩を兼ねて、風景を楽しめる場所がある。
だが外を見ると、まだカンポ広場を見下ろす景色ではない。

さらに階段を登り続け、やっと到着。
まわりの老若男女も息切れ状態だ。
階段が一つしかないので、全員上がってくるまで、下りることができない。

ゆっくりしてはいられない。
息が落ち着いたところで、みんなより一足先に下りることにした。
これからシエナからラヴェナまで移動しなくてはならいからだ。
予定移動時間は約5時間。
ラヴェンナの情報が少ない上に、今夜のホテル場所がよく分からない。
遅くなればなるほどちょっと不安だ。
とりあえず、シエナ駅までのプルマンを探す。

しかし、グラムシ広場はプルマンの発着が多く、
シエナ駅行きのプルマンを探すのに手こずってしまった。
うろうろしているうちにやっとプルマンを見つけ、
なんとか予定時間内に駅に到着するできた。

トスカーナの旅を終え、フィレンツェ経由でラヴェンナに向かう。

<アクセス>
10:40  San Gimignano → Poggiponsi → 11:45 Siena €5.50 プルマン
15:18 Siena → 16:50Firenze → 19:32Faenza →Ravenna €13.45 2nd  FS
見る