1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. コワーイ!シエナの拷問・処刑器具博物館

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 山岸 玲子
【2005年6月13日[Mon]】

コワーイ!シエナの拷問・処刑器具博物館

最近、フィレンツェ市内を車で走っていると、大通りの脇のポールに取り付けられたおどろおどろしい広告を目にします。それは、シエナにある拷問・処刑器具博物館(Museo della Tortura)の広告。この博物館は、以前はヴォルテッラ、その後はサン・ジミニャーノ、そして今はシエナに移動してきました。中世の頃に使用されていた100種類以上もの拷問、処刑器具(代表的なものはギロチン)が展示されているようです(写真はその博物館のカタログ)。tortura

私はまだ行ったことがないのですが、シエナに住んでいる友人よれば、博物館の入り口には、鉄枠の中に全身入れられてそのまま骨になったというものが実物大で飾ってあるとのこと(その友人は中には入らず、入り口を見ただけ)。場所はシエナの観光名所のひとつ、カンポ広場と広場に面してあるVia di Cittaの間にある小さな道Chiasso del Bargelloにあるそうです。ご興味のある方はぜひ行ってみて下さい。ただし、ある一定期間を過ぎると別の町に移動する可能性がありますので、見に行かれる場合はお早めに。
見る