1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 北海道旅行
  4. コンシェルジュブログ
  5. Hm89 秋の北海道!道央の見どころ ◇ 上富良野 トリックアート美術館

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2011年10月6日[Thu]】 国内

Hm89 秋の北海道!道央の見どころ ◇ 上富良野 トリックアート美術館

その日の午前中に、富良野の「風のガーデン」とカンパーナ六花亭を訪れた後、我々夫婦は、花人街道237号を車で下り、上富良野町と美瑛町の境にあるトリックアート美術館に立ち寄りました。

nullこの美術館は、花人街道ぞいにあり、国道からは3階建ての立派なビルディングに見えますが、実はトリック。ミケランジェロのダビデ像などのモダンアート風な絵が車窓から楽しめます。

トリックアート美術館正面



∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞

null入口の受付で、入館料@¥1,300を支払い、右の壁に掛けられた磯野貴理子さんの絵?・・・を横眼で見ながら中に入りました。すると可愛らしい猫が障子を引っ掻いています。



猫の障子やぶり

nullその反対側には、壁に四角い穴があいていて、「飛び出して、ポーズ」という名のだまし絵?があったので、ポーズをとって枠から飛び出してみました。

絵から飛び出す私?!




null奥の方の正面には、大きな天国の入り口があり、2人の天使が下界を見下ろしている構図です。階段の中心にある絨毯を踏みしめながら階段を上がろうとしたら?

天国への階段?



nullさて、レオナルド・ダビンチの傑作「最後の晩餐」は、ユネスコの世界遺産に登録されていますが、その有名なフレスコ画のダミーのトリック・アートもありました。その前の階段にちょこんと腰かけて、ハイ、ポーズ。

最後の晩餐に参加?



null床の中央には、細長い猫もどき?の物体が描かれており、手前の足置場のマークから写真を撮ると・・・あら、不思議、猫をなでているつれあいの写真が撮れていました。これもだまし絵との事でした。

猫好きのつれあい


null天使の羽根




天使の羽根は、絵になっていて、立ち位置が床に描かれており、澄まし顔でその前に建ち、「美しい天使」のイメージを頭に描き、写真を写しますと、あ~ら不思議。「おじさん天使」に変身?・・・しました。




∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞ ∞∞∞∞

nullさて、入場料は若干高く感じましたが、時間とお金に余裕がある方は、ここ上富良野の北限にあるトリック・アート美術館によって、遊んでみてはいかがですか?
なんだったのあれは?

北海道を訪れる観光客の皆さんを、違った角度で楽しませてくれるトリックアート美術館での、昼前のひと時でした。(続)

見る