1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. ベトナム旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Vn29 ホイアンのべトナム料理レストラン「LE BA TRUYENIT Ⅱ」

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2012年9月7日[Fri]】 海外

Vn29 ホイアンのべトナム料理レストラン「LE BA TRUYENIT Ⅱ」

みなさん!こんばんは!今日は9月07日金曜日です。

今回は、ホイアンのベトナム料理老舗レストラン「ル・バ」をブログでご紹介致します。

nullミーソン遺跡を視察した後に、我々一行はホイアンの街中の老舗レストラン「ル・バ」に立ち寄り、昼食をいただきました。

このレストランは、団体客向けのレストランで門構えは立派ですが、今までの小粋なレストランと違い、何故かしっくりこない感じがします。

レストラン「ル・バ」正門



nullさて、ホイアンにはベトナム料理レストランは百軒を軽く超えてありますが、この「ル・バ」はホイアンの旅行業界では有名な団体客向けのレストランです。

出入口は一見、中国風の門がまえで緑豊かな庭先ですが、店内の中に入るとずらりと並んだテーブルは均一で、薄紅色のテーブクロスがかかっており、一見お洒落な雰囲気です。
レストランの庭先

1階は主に事務所や厨房の様子で薄暗いですが、手前の階段を上がり、2階に案内されました。2階は見晴らしがよく、レストランの中は広々として清潔感があります。庭に面した南向きの部屋は明るく、さすが老舗のベトナムレストランという雰囲気です。

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

nullまず出てきたのが、ホワイトローズ。この料理は米粉で作った皮に海老のすり身を詰めて蒸したもので、この半透明の皮が開いている様子が白いバラのようにみえるからホワイトローズと名付けられました。

ホワイトローズと揚げワンタン

パクリと一口食べると、もちっとした皮とプリッとした海老のすり身の食感に感動します。味はあっさりとした塩味なので何個でも食べられそうです!


2品目は奥の揚げワンタン。豚ミンチと海老のすり身を黄色い皮で包んだ揚げ物で、その上に中華料理の酢豚にかける様なトロみのある餡をかけて食べます。

null3品目は、カオ・ラウ。このホイアンの名物郷土料理「カオ・ラウ」は具だくさんで、麺の見た目は日本の伊勢うどんに似ていますが、腰のある米の麺で、それをあっさりとしたスパイシーなスープで食べます。野菜や香草が山盛りで、ぱりぱりのえびせんべいも入っていて食感もユニークで、とてもヘルシーな感じです。

カオ・ラウ



null続いて香ばしいヤキトリ、海鮮風味の蒸しパンが出てきました。ヤキトリは野生シャモの様な濃厚な味ですが、あっさりとした蒸しパンとの相性がとても良い感じです。


ヤキトリと蒸しパン




null最後に海鮮スープに白飯が出てきて、お茶漬け風にサラサラ食べてみると、さっぱりとした味で、とても美味しいです~♪


スープと白飯


○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○

null帰りがけに、この店の自慢の「福の神」にお参りしました。やはりベトナム料理といえども、中華料理の流れを感じ、今更ながら食文化の影響力を目の当たりにしました。ただし、中食の為に品数が少なかったので、ちょうど良い腹具合でした。

とても小さな福の神

それでは、次回V30は、昼の世界遺産、ホイアンの街並みをご紹介致します。ベトナムコーヒーも出てきて、かなり楽しい雰囲気です。乞うご期待!・・・(続)
見る