1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. アイルランド旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. 今日はハローウィン

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 柳川 ともみ
【2012年10月31日[Wed]】 海外

今日はハローウィン

今朝、保育園の子どもたちのお散歩に遭遇
  先生はオバケかぼちゃをデザインした帽子をかぶっているし
  子どもたちはオレンジ色の上着を着ている ^-^

ハローウィンの仮装だ
  道を歩く人も「カワイイ~」って声をかけている

ももたんちのお隣の神奈川県川崎では
今年で16回目の仮装パレードが早々とこの前の日曜日にあった
  ディ●ニーランドでも秋のイベントとして毎年定着しているみたい ^0^

    「海外の習慣を日本に紹介するために日本でもハローウィンのお祭りをしてる」
    前にニュースでこういっているのを聞いたことがある

ん、ちょっと待って
仮装して、パレードして、
「お菓子をくれなきゃ悪戯しちゃうよ」ってあのセリフ言うのが
ハローウィン?

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★

もともとはケルト人の習慣だったらしい
  ケルト人って言うのは
  今のアイルランドとかスコットランドとかに住んでいる人々
  ハローウィンの習慣は、アイルランドが発祥とも言われている

ケルト人の文化では1年の終りが10月31日
日が短くなる時を1年の始まりって考えてたらしい
   そして、その日にはあの世とこの世を隔ててる門が開いて
   精霊や魔女がやってくる
   人々は仮装して正体を隠し、魔よけの為に火を焚いた

この習慣が今のハローウィンに繋がっていそうだね ^-^

    キリスト教では11月1日が万聖節(全ての聖人の日)で
    英語ではAll Hallow っていう
    そのイブ(前夜)だからハローイヴ、
      訛ってハローウィンになったらしいよ ^0^

じゃあキリスト教のお祭りかって言うと、そうでもない
  もともとはケルト文化だから、キリスト教化したケルト人がハローウィンをしても
  それはキリスト教とは関係ないってことらしい

      アメリカでも宗教とは関係なくお祭り的に行われているし
      それどころか
      キリスト教系の学校などでは「ハローウィン禁止」のコトもあるんだって~


キリスト教では2日は万霊節、亡くなった人のために祈る習慣があるけど
日本では万聖節(1日)には祈るらしい

  あの世とこの世をつなぐ日で、精霊たちがやってくる日
  そのときにランタンに火を灯す
  日本のお盆も提灯灯すしハローウィンと似てるな~ って思ったけど
  片やご先祖様をお迎えするため、片や精霊が来ないように ^-^

      ハローウィン
      ご先祖様や精霊や、
      目に見えない「何か」とのつながりを感じる日なのかな

いやいや、海外の文化や習慣を知ると言うのは難しいねぇ
  収穫祭の意味もあるらしいから
  ランタンにかぼちゃを使うのはそんな意味もあるんだろう

**************** **************** **************** **************** ****************

個人的な話で申し訳ないけど
ももたんが小さい時からお世話になっていた方が
先日神のもとに召された
  明日の万聖節、その次の万霊節、祈りを捧げようと思う

ご冥福をお祈りいたします

by ももたん
  みんなからのコメントも是非見てね 
  コメントが画面に出てない時はこの下にある Link の文字をクリックして♪


観光地情報はコチラ 
  または、画面左側の海外情報 ヨーロッパ国別観光地情報のカテゴリーを
  クリック!!
お願い
  高齢者・障害を抱える方の旅の啓蒙・普及活動をするために
  ももたんのブログを多くの人に読んでもらおう ^0^
    読者を広げるブログランキングに参加しています
    良かったら下記をクリックしてください
 
見る