1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 北海道旅行
  4. コンシェルジュブログ
  5. Hm91 秋の北海道!道央の見どころ ◇ 北海道開拓の村

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2013年10月30日[Wed]】 国内

Hm91 秋の北海道!道央の見どころ ◇ 北海道開拓の村

昨日は晴天で、我々夫婦は、前から計画をしていた札幌市厚別区にある野幌森林公園内の北海道開拓の村に行くことにしました。

null北海道開拓の村は、北海道百年を記念して設置されたそうです。この村は、未開の原野を開拓する中で、道民の生活を基軸に、産業・経済・文化の歴史を示す建造物等を移設、復元、保存したものです。


北海道開拓の村(旧札幌停車場)




nullまた、開拓当時の建築物や情景を再現、展示する事により、北海道の開拓の歴史を身近に感じ、学ぶことができる野外博物館にもなっています。


旧開拓使札幌本庁舎





∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞ ∞∞∞   ∞∞∞
 
nullさて、開拓村の広場に出ると、まず目につくのは、馬車鉄道です。約500mの距離で、大人片道270円ですが、札幌市電であれば、大通りから終点までのっても170円です。 少し高いような気がしますが、せっかくなので、体験乗車してみる事にしました。


馬車鉄道



null出発までに10分程時間がありますので、馬車鉄道の停車場の前に旅館があり、中を覗いてみる事にしました。旧来正旅館という名の馬車鉄道の待合所を兼ねた旅館です。明治時代に屯田兵で入植した来正策馬が退役後、旭川の永山駅前に始めたという話でした。


旧来正旅館



nullさて、馬車鉄道が出発、ゴトゴトと5、6分ほど揺られ、明治時代の街並みや雰囲気を感じながら終点に到着しました。終点の停車場前には、まばらに農家が建ち、農村が広がっています。1軒の家の前に大根がたくさん干してありました。旧岩間家の住宅です。


旧岩間家農村住宅



nullこの神社は、長野県諏訪地方から北海道に移住してきた開拓民が建立したものです。信濃国一ノ宮諏訪大社の祭神を祀ったので、霊験あらたかなご利益がある気がします。


旧信濃神社




nullさて、ぶらぶらと馬車鉄道路沿いに右や左を見ながら元来た道を歩き始めました。途中、明治時代には珍しいお洒落な民家がありました。ライトブルーの外観が綺麗で、明治時代前期の洋風と、後期の和風が折衷した不思議な建物です。案内板には「旧福士家住宅」と表示されています。

旧福士家住宅




∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞   ∞∞∞ ∞∞∞   ∞∞∞

nullその後、今日一番、綺麗な秋景色を見つけました。開拓の村の池の周りに紅葉や楓が静かな水面に映えて、なんとも美しいのどかな風景です。明治時代の街並みや建造物とイメージが外れている気もしますが、せっかくなので風景写真を1枚だけパチリ。


開拓村の秋景色



日頃からの忙しさに追われる日常生活を忘れ、たまにはベターハーフと2人きり、過ぎゆく秋の自然を肌で感じ、若いころの新鮮な気分を分かち合う「北の旅情」を味わっては如何でしょうか?(続)

見る