1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. シンガポール旅行
  5. コンシェルジュブログ
  6. Sn10 シンガポール*セントーサ島の見どころ遊びどころ

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 小宮 俊一
【2014年6月1日[Sun]】 海外

Sn10 シンガポール*セントーサ島の見どころ遊びどころ

みなさんこんにちは!シンガポール担当コンシェルジュの小宮です。

今回は、街の中心部から少し足を延ばし、シンガポールの観光名所の中でも大きなウエイトを占めるセントーサ島の見どころ遊びどころをご紹介します。

さて、セントーサ島はもともと豊かな自然の中に、ゆったりとした高級リゾートホテルが数軒ある静かな島でした。近年、シンガポール政府の肝いりで再開発され、新しいホテルの建設、各種レジャー施設の拡充、人工的なアミューズメント施設等が増設されました。


セントーサ島遠景


2002年に大規模な再開発により、新たにリゾート・ワールド・セントーサが生まれ、ユニバーサルスタジオ・シンガポールを中心に、見どころ遊びどころがぎっしりと詰まっています。

◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇

まずは、セントーサ島を訪れる為のいくつかの交通手段の紹介です。最初にセントーサ・エクスプレス(モノレール)、次にケーブルカー(ロープウェイ)、その他、タクシー、無料循環観光バス、市営バス、最後はセントーサ・ボードウオークと呼ばれる動く歩道があります。

セントーサ・エクスプレス




セントーサ・エクスプレス(モノレール)ですが、MRT東北線のビボ・シティの3階にセントーサ・ステーションがあり、乗り換えて、ここからセントーサ島のビーチステーションまで8分ほどで到着します。

次にお薦めはケーブルカーで、日本で言うところの空中ロープウェイです。起点は本島のマウントフェーバーで、ハーバーフロントタワー2を経由し、セントーサ島まで、視界360度の空中散歩が楽しめます。


ケーブルカー(ロープウェイ)




セントーサ島の上陸地点、最初の観光ポイントが、マーライオン・タワー。島の中央の丘の上に屹立するランドマーク的存在です。高さは37mあり、エレベーターで展望台にあがれば、360度のパノラマが開け、晴れた日にはインドネシアの島々を見ることができます。


マーライオン・タワー





◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇

ユニバーサルスタジオ・シンガポールの正面から入っていくと、まず大きな地球儀が目立ちます。ここはハリウッド映画をテーマにした7つのゾーンに分かれ、中では24ものアトラクションが楽しめます。

ユニバーサルスタジオ・シンガポール




まず初めに、トランスフォーマー・ザ・ライドです。映画「トランスフォーマー」の世界に入り込みながら、そのバーチャル体験ができます。最先端のオートロボットの車両に乗り込んで激しい戦闘シーンに突入していけば、3D映像や特殊効果音に、リアリティーをたっぷりと楽しめます。

トランスフォーマー・ザ・ライド



宇宙空母ギャラクティカは規模の大きなサイクロンです。着席型が地球軍の設定で、ぶら下がりの方は「サイロン」宇宙人たちの設定です。決闘型ジェットコースターで、2種類のコースターがギリギリにすれ違い、スリル満点の体験を味わえます。


空母・ギャラクティカ


次は、リベンジ・オブ・ザ・マミーです。このアトラクションは、古代エジプトのピラミッドやオベリスクが象徴する世界をローラーコースターで走り抜ける設定です。暗闇の中をミイラの兵士や、コガネムシの大群、火の玉などの攻撃を避けながら、スピード、スリル、サスペンスが楽しめます。

リベンジ・オブ・ザ・マミー






ジェラシック・パーク正門をくぐると、まず目に飛び込むのが、T-REXとスピノサウルスが睨み合う巨大モニュメントです。最初は、なんて大げさな張りぼての恐竜なんだぁ~と思いきや、徐々にその雰囲気に引き込まれていく不可思議な古代体験が味わえます。


ジェラシック・パーク正門





ロスト・ワールドは一つのセクションの呼称で、中には5つのアトラクションがあります。まずは、ジュラシック・パーク・ラピッド・アドベンチャーですが、このアトラクションは、古代生物になりきり、円形ボートに乗ってジャングルを漂流していく設定になっています。

ロスト・ワールド



途中、ボートが真っ逆さまに転落するかと思える仕掛けもあり、家族とともに冒険を味わえます。その他、ウォーターワールド、ダイノ・ソアリン、アンバー・ロック・クライム、キャノピー・フライヤーがあります。


シュレック4Dアドベンチャーは4Dムービーで、可動式の座席に乗って触感や体感を経験する数多くの仕掛けに驚きます。あっという間にシュレックの映画の世界に引き込まれ、主人公のシュレックとフィオナ姫になりきれる設定です。


シュレック4Dアドベンチャー






マダガスカルは、映画「マダガスカル」のヒーローたちと、リバーボートに乗り込み、屋内に作られたジャングルの中を、冒険をしながら川下りのスリルを味わう、家族向けのファミリーアドベンチャーです。


マダガスカル



◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇ ◇◇◆◇◇

次回、S11は、今回に引き続き、セントーサ島内の水族館、食事・ローカルフードなどをご紹介致します。お楽しみに。(続)

見る