1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. イタリアの露天風呂に行って来ました!

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 山岸 玲子
【2005年9月20日[Tue]】

イタリアの露天風呂に行って来ました!

先週末、遅めのバカンスから帰ってきました。今年のバカンス場所は、トスカーナのマレンマ地方にある元々は島だったが、今は3本の砂丘で本土とつながっているモンテアルジェンタリオ。ここは夏のリゾート地としてにぎわうところ。ここを拠点として、海に行ったり、マレンマ地方にある中世の趣が残る小さな小都市を訪れたりしました。訪れた小都市の中で、今回紹介するのが、以前から行きたいと思っていた念願のサトゥルニア温泉!今年のバカンスでやっと実現しました!!!

サトゥルニアの町から坂を下って約1キロほどのところに、天然の温泉が階段状になった窪みに豪快に流れるゴレッロの滝(またはムリーノの滝)があります。このくぼみに体を沈めて湯浴みを楽しめる無料の温泉露天風呂です(写真参照)。

saturnia

泉水は白濁していて、日本の温泉と比べてややぬるめ(現地のガイドブックには湯温は37.5度とあった)。温水プールぐらいの温度でしょうか。ガイドブックによれば、皮膚病、呼吸器、循環器、リューマチなどに効能があるらしいです。

温泉といっても、日本のように裸で入るのではなく水着着用です。肩に流れ落ちてくる滝が当たるように座ると、とっても気持ちがいいです。私は肩こりはあまりありませんが、肩こり症の人にはよさそう。なんだかんだいって、結局1時間あまりもお湯につかっていました。この滝に行く途中に、滝につながっている川があるのですが、その川の中にもつかっている人がいました。

この温泉に行ってみたい方にアドバイス。お湯がぬるいので、温泉から出ると肌寒く感じます。バスローブや大き目のバスタオルを持参して、お湯からあがったらすぐにはおるといいでしょう。現地では、温泉から上がってバスローブをはおったまま、駐車場に停めてある自分の車まで歩いて行く人を何人もを見ました。バスローブやタオルを掛けられるような木の板が温泉の脇にあります。また、水着着用といっても脱衣所はありません。あらかじめ衣服の下に水着を着用しておくといいでしょう。それから、窪みの底は小石があるのですべりませんが、窪みから窪みへ移動する際は、すべりやすいのでビーチサンダルを履いて入浴したほうがいいかもしれません。温泉は1年中わいていますが、ぬるい湯温のことを考えると、春や夏などに行ったほうがベター。

行き方ですが、サトゥルニアには鉄道の駅がないので少々不便。ピサからマレンマ地方の中心都市グロッセートまでインターシティで約1時間半。グロッセートからサトゥルニア経由マンチャーノ行きのバスで約1時間半です(1日1便)。脱衣所やシャワーがない、グロッセートからのバスの本数が少ないことを考慮すれば、レンタカーやハイヤーなどを利用して車で行ったほうが便利かもしれません(私はモンテアルジェンタリオから車で行きました)。

あるいは、この滝の近くにある温泉プールやエステなどの施設が整ったホテル「テルメ・ディ・サトゥルニア(www.termedisaturnia.it 英語版あり)」に宿泊するのも一案。ホテルから徒歩でこの滝まで行って、帰りはホテルの部屋に戻ってシャワーを浴びることができます。ホームページを見ると、このホテルではローマの空港や駅からの送迎をやっているようですから、自分で移動するのが面倒な方にはいいかも。また、ローマのフィウミチーノ空港では、ハーツのレンタカー会社が、このホテルの宿泊客に限り、特別料金でレンタカーを提供しているようです。

イタリア(トスカーナ)にいらっしゃる際には、ぜひサトゥルニアにも行ってみて下さい。
見る