1. ホーム
  2. コンシェルジュブログ
  3. 第36回越後あらいコシヒカリマラソン

コンシェルジュブログ

コンシェルジュ : 藤巻 秀敏
【2005年10月10日[Mon]】

第36回越後あらいコシヒカリマラソン

10月9日
第36回越後あらいコシヒカリマラソンに行ってきました!!

種目は
一般男子・女子ハーフ。小学校1~2年の2Km。小学校3~6年の男女3Km。中学女子3Km。中学男子から一般男女まで5Km.一般男女の10Km。ファミリー駅伝1.3Km×3名。かめさんコース2Km。…と17部門とバラエティーに富んだ大会です。参加者総数1347名。

ゲストランナーは
ジョセフ・M・オツオリ選手
箱根駅伝で1年から3年まで、2区で連続区間賞を取った選手です。

参加賞はTシャツとコシヒカリ1Kg

ボクは、一般男子のハーフに参加しました。
高低差300m。競技場をスタートして一気に、スキー場まで9Kmの登りで、その後9Km下り、ラスト3Kmは高低差100m上ってゴールというハードなコースです。
練習不足がたたって、見事ワースト記録樹立。下りの入っても
スピードに乗れず、ラスト5Kmくらいから体が動かなくなり、最後は、沿道で歩いて応援している人より、遅い速度で走って??ました。


ゴール後には

コシヒカリのおにぎりとスポーツドリンクが全員に渡されます。
何もついてない、ただのおにぎりですが、これがうまい!!
ご飯そのものに旨みがあって、なにも無くても食べれます。

皆さんも、コシヒカリのおにぎり食べに、来年参加しては…

開催地データー
今年の4月1日に妙高高原町・妙高村を編入合併すると同時に、市名を「新井市」から「妙高市」へ変更。県の南西部に位置し、妙高山麓一帯の多くは上信越国立公園に指定。湧出量豊富な温泉郷やスキー場など観光業が盛ん。北部の平野部は米作中心の田園地帯を形成。関川水系の電力、清浄な空気、豊富な水という条件から、製造業も集積。

会場までのアクセス
JR越後線新井駅より徒歩30分
上信越自動車道中郷ICから10分
北陸自動車道上越ICより30分
見る