1. ホーム
  2. 新婚旅行
  3. I様/タイ・プーケット6日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 渋谷 明子
【2008年8月13日[Wed] ご出発】 海外

I様/タイ・プーケット6日間

渋谷さん!!

帰ってまいりました。
あっという間の六日間で、仕上がった写真を眺めていると
本当にプーケットに行ったんだっけ?なんて不思議な感覚です。

モンスーンのはずのプーケットのはずが、滞在期間中、なんと一度の雨もなし!!
おかげさまで、色々なオプションツアーにも参加することができました。

まずホテルですが、プーケット空港内の各ホテルのラウンジの中で
一番キレイで落着いた高級感があるのが、モーヴェンピックでした。
おしぼりとお茶を出していただいている間に車でのお迎えが来ました。
車の中には、ミネラルウォーターと新聞、そしてまたおしぼりが準備されていて、
トヨタのカムリでのお迎えです。
空港から、約50分間。プーケットの町を見ながら、たくさんのバイクに囲まれながらの移動です。



ホテルに到着すると、フラワーレイでのお迎えで、チェックインしている際も、お茶とお絞りの
サービスがありました。
今回予約していただいた、デラックスガーデンヴィラまではホテル内のカートでの移動でした。
プールサイドにあるコテージタイプのお部屋で回りには緑とお花がいっぱいです。
お部屋には、フルーツバスケットが準備されていました。
ホテルの朝食も文句なし。
ご飯からパンから種類が豊富なので、毎朝食べすぎというほど食べましたよ。
あの有名なモーヴェンピックのアイスも売店で購入できます。美味しかったですよ。
ホテルのあるカロンは落着いていて、比較的年齢層が高かったように思います。
宿泊しているお客様も落着いているので、とにかくゆっくりとした時間を過ごせました。
パトンは、やはり繁華街。
お土産などの買い物は、やはりパトンの方がお店もたくさんあり、向いていますね。
レストランやバーなども朝まで営業していて、ビーチ沿いにたくさんありました。
ジャンセイロンというデパートには、質も良いものがおいてあるのでワンランク上のお土産を
ゲットするには良かったです。

オプショナルで、サイアムサファリの象のりツアー・プーケットファンタシーショーツアー・
シーカヤックツアーに参加しました。
プーケットで象のりするなら、サイアムサファリです!!
町の中ではなく、山の中を像にのって歩きます。
象使いの方もきちんとタイの衣装を着て、実際にその山で象と共に生活をしているそうです。
他にもタイカレー作りのデモ・ゴムの木からどのようにゴムを作っていくのかなど、
タイの文化にもたくさん触れられます。



水牛に乗ったり、猿のショー、小象のショーを見たり、半日ツアーでしたが、もう満腹でした。
プーケットファンタシーは、こんな島にこれほど大きい施設をよく作ったなという正直な印象です。
一つの世界になっていて、一言で言うと、プーケットのディズニーランドのようでした。
ショーも素晴らしかったですよ。あの劇場内に、たくさんの象も出演します。圧巻でした。
シーカヤックは、アンダマンシーカヤックツアーというのに参加しました。
ナカヤイ島で自由時間もあるのですが、海自体そこまできれいではないので、ちょっと時間を
もてあましてしまいましたね。
シーカヤックでしか行けないラグーンに二つ行きます。
自然の音しか聞こえないラグーンは、日頃の疲れを忘れさせてくれるようなポイントです、
カヤックを漕いでくれるスタッフの方が、気が利くほど写真をとってくれました。
ハネムーンだと思っていたみたいです。
船内での食事も、美味しかったですよ。
ドリンクも自由なので、リラックスしながら船旅もできました。

地元の方に聞いたら、この時期はオーストラリアからの旅行者が一番多いようです。
今は日本人は少なく、中国人・韓国人は一年を通して見かけられ、年々増えていっているようです。
オージーたちは、面白いですね。ご夫婦揃ってすごくおおらかで面白い。
ひとたび会話が始まると、皆で大笑いしながら大盛り上がりです。
周りの人も巻き込んで・・・。このオージーの雰囲気って、私はすごく好きです。

最初は心配していたアジアでしたが、
食事も美味しかったし、ホテルも満足。滞在中のオプションもレベルが高く、言うことなし。
”もう一度来たいね”といいながら、帰国の途に着きました。

渋谷さん長々とすみません。
直前に行き先が変わったりして、今回もたくさんご迷惑をおかけしました。
おかげさまで、とても楽しい旅行になりました。
写真もアルバムに入らないほどいっぱいです。
忙しい毎日ですが、またしばらく頑張らなきゃいけませんね、次の旅行まで。
またそのときは、よろしくお願いします。
たくさんわがままを言うと思いますが、これに懲りずによろしくお願いしますね、渋谷さん。
ありがとうございました。



見る