1. ホーム
  2. 新婚旅行
  3. F様ご夫妻/2回のサッカー観戦付きイタリア周遊ハネムーン14日間 

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 菅澤 彰子
【2009年2月4日[Wed] ご出発】 海外

F様ご夫妻/2回のサッカー観戦付きイタリア周遊ハネムーン14日間 

菅澤さま


こんにちは、Fです。
無事に帰国したものの、なかなか落ち着けずお礼のメールも遅くなってしまいました。
さきほど、Pratikyemektarifleriのアンケートにもやっと回答して、
感想はその中でたんまり書いているので、またお時間あれば見てくださいね!

今回の旅行、本当に思い出深い、素敵なハネムーンとなりました☆
私の美術館鑑賞も夫のサッカー観戦も、希望をすべてモーラした旅行となり、
充実した2週間を過ごせました!

それに、イタリアと日本、それぞれの文化のいいところ、見習うべきところも
体験とともに感じることができてとても勉強になりました。

イタリアをはじめ、とりわけ欧州の国々は自分の国が大好きでとても誇り高いですね。
日本人には愛国心がさほどないように思いますし、いや、きっと日本人は
日本のこと好きだとは思うんだけど「誇り」というのとは少し違うというか、
よく言えばほかの文化に対して寛大というか・・・。
そういう日本人から見たイタリアンの愛国心と誇り高さは
うらやましくもあり、こういうのいいな~って思いました☆

でも客へのサービスは日本の勝利ですね・・・。日本で生活していると
「ん?」と思ったり物足りない接し方が多くあったように思います。
リゾート地ではそんなに感じなかったことですが、これも文化の違いですね。
色んな場面でもっと「自分の意見」をきちんと持って
ちゃんと主張もしなきゃいけないんだな、と感じさせられました。

自分をきちんと持つイタリアと、周囲や場の雰囲気を大切に考える日本。
それぞれ良し悪しですが、日本人ってこうなんだ、と客観的に見ることができて
勉強になりました!


あ、アンケート内に記載しわすれましたが、ネットカフェはローマ・フィレンツェでは
30分1ユーロが相場で、日本語入力はできませんが結構たくさんありました。
コインランドリーも結構ありましたよ!

ヴェネツィアでは1件発見したものの、15分3ユーロ・・・。さすが物価の高い街でした。
ミラノではドゥオーモの近くにありましたが、日本語表示がままならない状態で、
メールの閲覧はおろか、ホームページすら見れませんでした・・・。
この2都市ではコインランドリーは発見できず、です。
今後の情報源になれば、と思ったので報告だけしておきますね!


さて、今は日本は夜中の2時、丑三つ時であります・・・。
なんとまだ、時差に負けているのです!!情けない・・・。

こちらは、帰国早々、天気予報で花粉情報が「非常に多い」と流れていました。
そちらもそろそろでしょうか。

こんな風にメールのやりとりが終わってしまうこともさびしいものですね・・・。
素敵なイタリア旅行を胸に、そしてまた素敵な旅行をするために、これから
日本での生活を充実したものにしていきたいと思っています。


これからもどうか素敵な菅澤さんのまま頑張ってくださいね☆
私は菅澤さんの活動を身近で感じて、
「何かしなければ… 何かしたい!」って思うことができました。

だからこれから私が充実した生き方ができれば、その原動力は菅澤さんです!!
なので、このハネムーンは楽しい思い出だけじゃなくて、
とてもいい出会いができた貴重な旅だったと思っています♪

どうかお元気で、これからもいい旅をサポートしていってくださいね☆
本当にありがとうございました!!!



++++++++++++++++++++++++お客様アンケートより+++++++++++++++++++++++++++


アンケートの回答が遅くなったことをお詫びいたします。無事に帰国しました!
菅澤さんには、たくさんのワガママを聞いていただき、お世話になりました!!

最初はインターネットでの申し込みということで不安だらけでしたが、
メールのやりとりをしているうちにきっと大丈夫だな、と思うことができました。

サッカー観戦を2回入れ、2週間という長い新婚旅行はとても素敵な思い出となりました。
街全体が博物館のようなローマ、過ごしやすく景色も素晴らしいフィレンツェ、
最高にロマンチックで人々も暖かいヴェネツィア、セレブが集うミラノ。
それぞれが独特で、「イタリア」という1つの国へ行ったけれど
4つの国へ行ったぐらいの印象の違いがありました!

個人的には、私たち夫婦はヴェネツィアがお気に入りです!
食べ物は高く、スーパーなどは発見できなかったけれど、街の美しさや
衝撃はピカイチでした。ブティックの店員さんの対応もみんな丁寧だったし、
観光地なだけあって観光しやすかったです(笑)。

サッカー観戦は、夫がとても喜んでいました☆
フィレンツェでの「フィオレンティーナvsラッツィオ」は問題なく観戦できたのですが、
ミラノでのダービー戦「インテルvsミラン」は色んな意味で印象が強烈です!

とにかくスタジアムがデカい!!
スタジアム前に着いたと思いきや入り口まで歩いて歩いて、
入ってから2回席までの階段を上って上って、
やっと発見した私たちの席には熱狂的なファンがすでに着席!?

チケット見せたりしたものの「ここは違う、向こう行け」的なことを言っている様子・・・。
イタリア語が分からないので、「席が違うのかな」と警備員に聞きにいくと、
こっそりフェンスの鍵を開けロングサイドに通してくれたのでした・・・。
よそ者が席につけないこういうことってよくあるんだろうな、と思いつつ、
眺めのいい場所から見れたのはいいけれど席がないので階段で縮こまって観戦しました。
ちゃんと席に座れたら最高だったのになぁ?。

試合が始まるまでの少しの間は「このチケットにいくら払ってると思ってるんだ!」と
怒り気味な私でしたが、あの6万人スタジアムの迫力と、ファンの声援、
応援のパフォーマンス、そしてサンシーロをとりまく雰囲気は
テレビのサッカー中継では伝わらない規模のもので、行ってこそ!の経験でした!

スタジアムの中もその周りの露天や売店の雰囲気も、
サッカーファンではない私ですらテンションが上がるものでしたし、
サッカーファンの夫には一生の思い出になったと思います☆

この旅行の締めくくりが、このダービー戦だったので、
私たちの「最後の晩餐」は売店のホットドックでした!

ちなみに、イタリアではハズレがないほど食べ物はおいしかったです!!
パニーニやパスタばかりで飽きないものかと思いきや全然飽きないし、
都市それぞれの名物も楽しみました☆

何よりコーヒーがおいしい!!ドルチェもおいしい!!
ブレイクには困らない国ですね!

それからホテルの立地はどこもバッチリで動きやすかったです。
ただフレンツェのホテルは窓からの景色がホテルの廃れた中庭だったのが残念だったのと、
ヴェネツィアのホテルは部屋が小さすぎてトランクが空けれないほどだったので、
追加料金を払ってスイートへ変えてもらいました。

スリや犯罪を過剰なほど気にしていましたが、バッグも斜めがけで前持ち、
財布もチェーンをつけて、パスポートも首から下げたり、
ズボンの中に入れるポーチに入れたりしていたので
全く危険な目には遭いませんでした!気をつけていれば大丈夫なものですね!

観光客相手の引っ掛け的な商売にも気をつけていたので大丈夫でした。
PratikyemektarifleriのHPのイタリア旅行記に掲載されていた
引っ掛けの内容も役に立ったので感謝しています。

旅の間に、菅澤さんにお会いすることができたので嬉しかったですし、
バスの乗り方なども教えていただいてよかったです。

長いようであっという間だったイタリアハネムーン☆
私の美術館巡りの希望と夫のサッカー観戦の希望がすべて叶えられた、
贅沢な旅行ができました! 
それに時期のせいか、美術館などの観光も人が少なく
どこもゆっくり鑑賞できてラッキーでした。

菅澤さん、本当にありがとうございました。
もうメールでのやりとりがないかと思うと寂しいぐらいです(笑)
今後も菅澤さんの企画のもとでこんなに心に残る旅ができる方たちが
増えることを期待しています。

また機会があればお会いできるといいですね!!
どうかお元気で☆

菅澤 彰子 wrote:

F様

こんにちは、イタリアの菅澤です。
とても素敵なご感想をありがとうございます。

もうすでにメールにていろいろとお返事したので
ここではそれを繰り返しませんね。
私にとっての、Fさんのための旅づくりについての
意味を述べさせていただきます。

Fさんたちのためのお仕事は、とても多くのことを感じ、
学ばせていただく機会となりました。
ここに掲載されたご感想の後にいただいたメールにも、
とても励まされましたし、お礼を言い尽くせない感があります。

実際に何度かイタリアでお会いしたわけですが、
あんなに気遣ってくださる方はなかなか居ないです。
Fさんのような方だからこそ、「がんばってよかったな・・・」
というすがすがしい満足感を得ることができました。

私の立場を本当の意味で理解してくださり、
応援してくださる方の存在を嬉しく、そして心強く感じます。
心に響いてくる、とても素敵な出会いでした!☆
見る