1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. タイ旅行
  5. お客様からのお便り
  6. M様/『景色とグルメと旧友再会~欲張りタイ縦断&憧れのアンコールワット』13日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 野村 敦子
【2018年3月9日[Fri] ご出発】 海外

M様/『景色とグルメと旧友再会~欲張りタイ縦断&憧れのアンコールワット』13日間

野村さん

体調を崩すことなく、無事に帰国しました。
帰国後は、日本での現実に追われるばかりです。
今回の旅行の感想を送りますね

null人生最後の長期休暇。
相方に休めるか聞いたところ、
土日+1日しか休めないとのこと。
深夜便と早朝便をうまく使えば、
2泊4日で死ぬまでにこの目で見てみたかっアンコール・ワットに行けると考えました。
ところが大手旅行会社のツアーには、私の考えにピッタリ!なんて都合良いものはありません。
そんな中、知り合いがトラベルコンシェルジュをやっていたのを思い出し、
Pratikyemektarifleriに見積もりを依頼しました。


担当してくださった野村さんは、私の考えにピッタリの提案をしてくださいました。
「おしゃれなブティックホテルに泊まってみたい」「周辺の遺跡も回れるだけ回りたい」という追加のリクエストや
金額面の細かい計算で何度もやり取りをしましたが、快く応じてくださったのが嬉しかったです。
また、現地に住まれていた経験から、オススメのレストランやお土産を教えてくださったのも助かりました。

野村さんの提案を見たところ、バンコク経由のシェムリアップ行き。
タイは以前留学していて、友人も多い思い出の地。
相方とは現地で合流することにして、急遽タイのホテルと送迎も追加してもらいました。

null
いよいよ出発。タイでは、プーケット、バンコク、コンケン、ノンカーイと友人を巡って南北を縦断しました。

ホテルは「相部屋じゃなかったらどこでも良い」というリクエスト
でしたが、プーケット、バンコク共に、アクセス良く比較的新しいホテルで
快適に過ごすことができました。
野村さんに「ドンムアンとスワンナプーム間は無料シャトルバス」
「モバイルWifiよりSIMカードの方が安い」とアドバイスいただいたおかげで、
旅のスキルが上がりました。


null続いて、この旅のメインであるカンボジア・シェムリアップへ。
勘違いから1日フリータイムができてしまいましたが、
野村さんにオススメを教えてもらっていたおかげで、
ローカル食堂での朝食やオールドマーケットでの買い物、パブストリートでの酒場放浪とシェムリアップを満喫することができました。
またタイミングよく野村さんと現地でお会いでき、
想像していた通りの楽しい方で旅の話に花が咲いたのも楽しかったです。

2日目からは遺跡観光。夢にまで見たアンコール・ワット、絵葉書で見た景色を見た瞬間には息を呑みました。また、ベンメリア遺跡はまさにラピュタの世界で圧巻でした。

最終日には予定になかった、カンボジア第二の世界遺産プレアヴィヒア寺院へ。4WDのピックアップで険しい山道を登った先、625mの断崖絶壁からの眺めはまさに絶景。目前に広がる大自然を前に、ただ「来てよかった」と呟くのがいっぱい。感動して言葉が出ませんでした。
きれいな専用車と、日本語と写真が上手なガイドさんをつけていただき、とても快適に回ることができました。
リクエストしたブティックホテルは屋外にバスタブがあるおしゃれできれいなお部屋で、ホテルステイも楽しませてもらいました。

Pratikyemektarifleriや、野村さんに頼まなければ、こんなに贅沢な旅行はできなかったでしょう。
お願いして、本当に良かったと思っています。ありがとうございました。
こんなに目一杯楽しんでも、ますます行きたいところが増えるのが東南アジアの魅力でしょう。
次回は陸路での国境越えをしてみたいので、その時にはぜひお手伝いをお願いします!

null


null
見る