1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. 中南米・カリブ旅行
  4. キューバ旅行
  5. お客様からのお便り
  6. M.U 様/キューバ8日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 深山 哲夫
【2005年12月3日[Sat] ご出発】 海外

M.U 様/キューバ8日間

深山様

こんにちは、Uです。
土曜日、無事帰ってきました。帰ってきてあんまりにも寒いのでいっぺんに目が覚め、現実に引き戻された感じです。

キューバは思ったとおり魅力的な国でした。
ハバナの旧市街を歩いていると、植民地時代のそのままの建物が残っているので、タイムスリップしたような感覚になり街並みもとてもキレイでロマンチックでした。バラデロは、キューバ一のリゾート地といわれてる通りヨーロッパからの観光客が多く、ここはキューバ?というくらいでした。バラデロだけではなく、ハバナの有名なマコレン通りの海岸ハバナ~バラデロ間の海が本当にキレイで空も青く晴れ渡っていて、とても気持ちのいいところでした。

メキシコとキューバでアテンドしていただいた現地係員の方がふたりともとても親切で感じがよかったです。メキシコでは、キューバへ行く飛行機のふたりの座席が離れていたのを『新婚旅行だから』と航空会社の人にクレームしてファーストクラスに変更していただきました。キューバでは、ハバナ~バラデロの移動の間ずっとガイドさんとキューバについて話ができてとても楽しかったです。

今回、新婚旅行だからと特別な計画を立てた旅行ではなかったんですが、バラデロのホテルについたときに、色々おもてなしがあったのがとっても嬉しかったし、思ってもなかったので驚きました。ウエルカムドリンク&フルーツとラム酒1本、2泊目の朝食をルームサービスしてもらい、その日の夕食も、スペシャルメニューをサービスしてもらいました。深山さんのほうから、ハネムーンだとホテルへ伝えていただいたからだと思います。ありがとうございます。

今後、どなたかキューバへ行かれる方のためにホテルの感想も書いてあとでメールしますね。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Pratikyemektarifleri 深山様

こんにちは、Uです。
すっかり日常生活に戻り、旅行の余韻は『時差ぼけ』だけです。。。

向こうへ行っている間、私が言葉を話せる・話せないに関わらず、ホテル・空港でのチェックインなどは全て現地係員の方にしていただきました。(そのサービスのよさにはビックリしました!)ですから、メキシコ→キューバの座席の件も、現地係員の方がカウンターへ行って交渉してくれました。私たちは、短いフライトだし、おそらく寝てるだろうからそのままでも本当に構わなかったんです。『全席満席で、機械が振り分けたから変更できない』と言われたんですが、クレームしたらすんなり新しい座席をくれました。言ってみるもんですネ。

それで、昨日の続きのホテルの感想です。

●HOTEL TELEGRAFO●
ハバナの街を観光するには、立地条件はとてもいいと思います。海岸まで直線で徒歩10分、旧市街(徒歩15分)と新市街地の間にあり、カピトリオ・チャイナタウンへも徒歩圏内にありました。広場を見渡せる部屋にあたると、窓からハバナの古い建物を眺められ夜は斜め向かいのホテルのロマンチックなライトアップがよく見えます。内装はとてもきれいで、天井がとても高いので部屋が広く感じます。バスルームもとてもきれいで、気持ちよく使えますが最低限の物しか置いてありません。タオルはバスタオルのみ、ティッシュもなし。石鹸類は置いてあります。

<朝食>
バイキング形式で、パン・フルーツ・その他のお料理の数も量も豊富で、その場でオムレツも作ってくれます。味は好みですが、私たちはおいしくいただきました。ハエがかなり飛んでいるので、それが気になるとちょっと食欲がわかないかもしれません・・・。
<両替>
斜め向かいのホテル(PARQUE CENTRAL)で、夜遅く(8時頃)でもできました。

●MELIA VARADERO●
隣にコンベンションセンター(ショッピングモール)がありお買い物に行くには便利な場所にあります。ホテルはものすごく大きく、宿泊客も多いので食事時には、レストランはかなり混雑していました。チェックインをして、まず全ての宿泊日のディナーの予約をするのをおすすめします。(予約なしで食べれるビュッフェスタイルのレストランもあります。)

<朝食>
ビュッフェ
<ランチ>
プールサイドのパエーリャ屋。ビュッフェ(朝食と同じ場所、メニューは多少違う)海を見ながら食べられるキューバ料理屋。浜辺のグリルレストラン
<夕食>
ビュッフェ。海を見ながら食べられるキューバ料理屋(要予約)隣のホテルの中華料理屋(要予約)(あともう1件、要予約のレストランがあった気がします)24時間空いているカフェもあります。(ピザとサンドイッチが食べれます。)

毎晩、なにかショーのようなイベントもあり日中も、プールサイドでエアロビやサルサレッスンなどがあり、長期滞在しても飽きることはないと思います。

もちろん、お部屋もきれいで快適です。キューバ製のごわごわなティッシュも置いてあります。タオルもたくさん置いてあります。(笑)洗面台がちょっと高くて不便を感じたのと(背の高い欧米人用なのでしょうか?)廊下の物音や、隣の部屋のバスルームの音がちょっと響いていました。(でも、毎日疲れててぐっすり寝てたので全然気になりませんでした。)

初めにホテルフロリダに泊まりたいと言っていましたがテレグラフォに変更になってよかったと思ってます!ホテルの写真も後で送りますね。長くなってしまったので、またメールします。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Pratikyemektarifleri 深山様

こんにちは、Uです。
やっと時差ぼけが直りかけ、今はもう5時台には目が覚めなくなりました。。。ホテルの写真を送りますね。4枚目は、斜め向かいのホテルの屋上から撮ったものです。このホテルは、パルケ・セントラルという名前でかなり高級な感じでした。屋上はプールです。5枚目の左の青い建物が、テレグラフォです。

キューバの治安について、現地係員の方に『皆治安のことを心配するけど、キューバは安全だよ』と到着して真っ先に言われました。『夜歩いても大丈夫』だとも。それで1日目の夜8時ごろ、夕食を食べに旧市街まで歩きました。街灯がぼんやりとオレンジ色で、結構暗く、かなり怖かったです!!他の南米の国なら、絶対に歩かないってくらいの暗さでした。。。さすがに帰りは、ココタクシーというバイクのようなものに乗ってホテルまで戻ってきました。安全なのかもしれませんが、どうなんでしょう?それこそ本当にふたりして身を寄せ合って目的地のレストランまで早歩きで行きました(笑)

日中は、本当にあちこち歩き回ったんですが特に危ないな、と感じたことはありませんでした。人通りの少ないところにも、迷い込んだんですがなんの被害にも合わなかったです。でも、それもたまたまだったかもしれないので警戒するに越したことはないですね。それと、話しかけてくる人には十分注意したほうがいいと思います。馬車・タクシーでの市内観光の勧誘以外で街で声をかけてくるキューバ人がいます。絶対に怪しいです。実際私たちも声をかけられ、『ブエナビスタ』の映画の撮影場所を案内すると言われ、たかられそうになりました。そうゆう人がいるとは知ってたのですがカップルだったので警戒しなかったのですが、油断は禁物です!!

バラデロは、バカンスに来てる欧米人ばかりなので治安については心配することはなさそうです。

今日本からキューバへの観光客は、年間六千人だそうです。意外と多いな、と思ったんですが、もし深山さんが、今後誰かをキューバに案内するようなことがあってなにか私にわかるようなことがあれば、遠慮なく聞いてくださいね!

今回の旅では、大変お世話になりました。
長い時間飛行機へ乗っていった甲斐があった本当にすばらしい旅行ができ、二人とも大満足です。

またご縁がありましたら、その時はどうぞよろしくお願いいたします。

  

  
見る