1. ホーム
  2. お客様からのお便り
  3. 藤野様/イタリア・フィレンツェ ロングステイ 28日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 谷口 洋子
【2006年11月1日[Wed] ご出発】

藤野様/イタリア・フィレンツェ ロングステイ 28日間

イタリア4週間の旅行をしました。71歳と70歳の老夫婦です。
イタリア語は全く話せません。
インターネットでの旅行申し込みは初めての経験でしたので、不安がありました。
イタリア在住の谷口洋子さんとメールでこちらの希望と条件を、
谷口さんからはアドバイスの交換をしました。メールの交換は何十回にも
なったと思います。フィレンツェで初めてお会いしたときは、旧知の仲の感じでした。

結果は大成功の旅でした。4週間のうち、3週間はフィレンツェ滞在でした。
3週間も滞在するとホテルの居心地が大変重要になります。
滞在したホテルはチェステッリというレストランのない1つ星のホテルです。
オーナーは力持ちで優しく働き者のアレッシオと奥さんの明日美さんです。
明日美さんは札幌出身の実に美しい若奥さんです。
このお二人の親切によって楽しい3週間を過ごしました。
このホテルは1200年ごろの建築で持ち主であったコシモ・ド・メディチの像が
ホテル入り口に彫ってあります。数年前に内部を改装してオープンしたものです。
ヴェッキオ橋に5分、ドゥオーモに10数分、ウフィツイ美術館に10分という
便利なところに位置しています。このホテルから毎日1万歩から1万5000歩、
フィレンツェ市内の教会、美術館、宮殿を観て歩きました。
教会はどこも立派な美術館です。信者ではありませんが、日曜日は
ミサにも参加、神父の素晴らしい歌声を聞きました。
シエナやフェゾーレにも日帰り旅行をしました。主な美術館はすべて
行きました。ウフィッイ美術館は谷口さんを通して予約していましたので、
長い行列を横目に入館、ボッティチェリの絵を、アカデミア美術館では
ミケランジェロの彫刻を心ゆくまで鑑賞しました。ラファエロ、ダビンチ、
マザッチオなど素晴らしい芸術品にも触れる贅沢な毎日でした。

  1句  厚着してダビデの像に見入りけり
広場では老人からサンタ・ルチアの歌を習いました。
帰国後もこの歌をくちずさんでいます。
  1句  日向ぼこサンタルチアを口ずさみ

明日美さんご夫妻に会うため、そして明日美さんから紹介された
レストラン「カンビ」の骨付きステーキを食べるため、またフィレンツェに
行きたいと思っています。
そして、このようなプランを作りホテルを紹介してくれた谷口さんに感謝です。
見る