1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. ドイツ旅行
  5. お客様からのお便り
  6. B様/行ける場所だった、、、 あの場所へ 初の個人旅行 ドイツ

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 中島 美弥子
【2009年4月18日[Sat] ご出発】 海外

B様/行ける場所だった、、、 あの場所へ 初の個人旅行 ドイツ

中島様

先日、無事に大きなトラブルもなく帰国しました。
ドイツ単独でのツアーが無いというのと、ドイツならば個人でも行けるのではないか?
という気持ちからこちらにお願いすることになりました。

・フランクフルト→ハイデルベルクへの移動
バスで移動ということだったので、大型バスばかりを探していたら、
バンがやってきたのでビックリでした。要予約とはこういうことだったのか…。
着くころには小雨が降っていてとても寒かったので、夜景を見に行くのは諦めました。

ハイデルベルグ・ハイデルベルク観光
次の日は昨日の雨が嘘のように快晴になり、
哲学者の道から素晴らしい眺めを見ることが出来ました。
朝は人も少なく、写真を撮るのには最高です。
初ケバブに挑戦。
びっくりするほどのボリュームですごく美味しい。
日本にももっとお店があればいいのに…。

・夕方頃フランクフルト到着
少しだけフランクフルトの観光もしました。日曜だったのでお店が全然開いていないのは
残念でしたが、大聖堂やレーマー広場など主要な観光スポットは見られたので良かったです。
早速ソーセージを食べてみました。

・ライン川クルーズ
まずはリューデスハイムで少し時間があったので、ゴンドラに一番最初に乗り込み、
ニーダーヴァルトへ行きました。クルーズは日本の団体やドイツの遠足の子供達などで
人はいっぱいでしたが、写真を撮るのに動きまわりました。この時期はまだかなり寒いです。

・ケルンへ
心細くなるような無人駅からケルンへ向かい、大聖堂へ。
憧れていた場所なのでじっくり見学し、塔に登り、帰りにもう一度寄りました。

ローテンブルク・ローテンブルク
2度の乗り換えの後、昼前に到着。
駅からも思ったよりも近く、こじんまりした街はじっくりと
見ることが出来、念願の夜景撮影も出来てよかった。
ホテルのおじいさんがとにかく親切で素敵な方でした。
あそこにまた泊まりたいです。

・ヴュルツブルク
マリエンベルク要塞への行き方がわからず駅前で困っていると、2人もの人が声をかけてくれ、
教えてくれました。が、結局わからなかったのでタクシー行ってしまいました…。
要塞からの眺めは素晴らしく、時間の都合でレジデンツとどちらに行くか迷ったのですが、
マリエンベルクにして良かったです。

・ベルリンへ
ゲッティンゲンからベルリンまでの区間のみ日本で座席指定を取っていたのです

正解でした。とても混んでいて通路に座っている人も居ました。

・ベルリン観光
午前中は曇りでとても寒かったのですが、大聖堂を見学したり教会を見たりしているうちに
だんだんと晴れて快晴に。何度も前を通った大聖堂を晴れてからもう一度写真に撮りました。
2度目のケバブでしたが、やっぱり美味しくて毎日食べてもいいぐらい好きな味でした。

博物館が毎週木曜4時から無料とガイドブックで見ていたので、行ってみると様子が違っていて、
ちょうど今はそれをやっていなかったようで少し予定が狂ってしまいました。

・最終日
絵画館とペルガモン博物館・旧博物館を見てからでも充分飛行機の時間には間に合いました。
イメージしていた「真面目そう」なドイツの部分は、電車が遅延しても数分だけ、駅に着くまで
数分あるのにドアの前で準備万端待っている人が何人も居たこと、歩行者優先が徹底されていて、
車が必ず待ってくれること、信号無視する人を見なかったこと、です。

ビックリしたのは電車に犬も自転車も乗せていいこと、パン屋さんがやたらと多く、かなりの人
が歩きながら食べていたことです。それになぜか、多くの人がものごい大荷物でした。
おかげで大荷物の旅行者(私たち)も気兼ねすることなく電車に乗ることが出来ました。


何よりも感動したのは、地下鉄の切符の買い方から観光スポットへの行き方等困っていたら、
すぐに誰かが助けてくれたことです。ドイツ語しかしゃべれないお婆さんが地図を覗き込んで
通りの名前を教えてくれたのには本当に感激でした。


いつもはツアーでしか旅行をしたことがなく、今回初めての個人旅行で何かと不安があったの
ですが、中島様に事前に色々とお話を伺うことが出来、現地でもトラブルなく快適に旅出来たと
思います。ほんの少ししか英語が出来なくても何とかなるもんだ!と実感し、でもやっぱり少し
はわかった方がいいかも…とも痛感した旅となりました。本当に思い出に残る旅行になりました。

また機会がありましたら、その時はまたよろしくお願いします!
見る