Notice: Undefined index: HTTP_ACCEPT_LANGUAGE in /var/www/html/core/core.php on line 325
「S様/わくわくドイツ旅行」お客様からのお便り - 旅行プランのオーダーメイド見積もり【Pratikyemektarifleri】- pratikyemektarifleri.info
  1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. ドイツ旅行
  5. お客様からのお便り
  6. S様/わくわくドイツ旅行

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 羽生 明子
【2009年8月21日[Fri] ご出発】 海外

S様/わくわくドイツ旅行

羽生様

息子ととても楽しい旅行ができ、
羽生さんのおかげと感謝の気持ちでいっぱいです。

ホテル部屋から望むケルン大聖堂特に、ケルンのドムホテルはすばらしかったです。
窓3つの2方向からのドームを存分に楽しむことが
できました。
304号室の連泊は、本当に良かったです。
古城を出て、ボンを見学してからのケルンの1日目は、
結構早くについたので、
荷物だけ預けて大聖堂の見学に出ようとしたのですが、
すぐに、チェックインでき、部屋でくつろぐことができました。
ケルンのドームは、本当に見ごたえがあったし、
すぐ近くのローマゲルマン博物館にはびっくりさせられました。

ルードビッヒ美術館には、ピカソの作品が数多くありました。
ケルンは、日本からもっと多くの人が出かけてもいい場所だよなと思いまし
た。
大聖堂も、ホテルもあまりにも良いし、チェックアウトの時間は12時までよ
いということなので、
2日目にブレーメンとアーヘンに行ってきて、3日目は、ホテルでのんびりし
てからUバーンに乗って、
アポステルン教会などに出かけました。
お昼をドムホテルで食べて荷物を預け、、ミュージアムなどでゆっくりしてか
ら荷物を受け取りフランクフルトに向いました。
1等席の車両でカナダからいらしていたご夫婦の方といろいろお話をすること
ができました。
今回、どのホテルもそれぞれに、とてもよく、連泊も多かったので、体調も
ずっとよく快適に過ごすことができました。
天気にも恵まれ、唯一、雨の降った日は、ブレーメンとアーヘンの日だったの
で、電車の中が多く、ほとんど傘をささずにすみました。

夕暮れのライン古城ホテルライン川も暑いほどでしたが、良い天気でしたので、
いろいろなお城がよく見えました。
古城ホテルもライン川がばっちり見え、
とても良かったです。
皆さん、おしゃれでしたので、少し緊張しましたが、
それもとても良かったです。

JALのツアーもガイドさんが、
てきぱきと案内してくださったり説明してくださったりして
たくさんのことを知ることができました。
ローテンブルクは、本当に可愛い町でした。もっとゆっくりしたかったほどで
す。ホテルもかわいらしい感じでとてもよかったです。
あっと、ただ、朝食が、7時30分からでないとだめには、びっくりしまし
た。
7時50分集合なので、もっと早くできないかと交渉しましたが、出発準備を
全部してから朝食に行ったら間に合いました。
7時30分からでないとだめという覚悟で臨んでいればよかったかなあ?と
か、思っています。
エレベーターも素敵でしたし、食事もおいしかったです。
ノイシュバインシュタインも素敵でした。
ホップオンホップも、2階バスの2階の一番前の席に座って、ニンフェンブル
ク城までいけました。
エデンもきれいなホテルでした。アルテピナコテイクやマルクト広場でゆっく
りしてミュンヘンをおおいに楽しみました。
ありがとうございました。

空港の行きと帰りの送迎で、BMWやフォルクスワーゲンに乗せてもらったう
え、日本語で案内していただけたので、心強かったです。

鉄道は、一等車で快適に乗ることができました。ただ、夏休みということもあ
り、ベルリンとアーヘンを結ぶ線は、結構こんでいました。
二等車に乗ることもありましたが、それはそれで面白かったです。
もうひとつおもしろかったのは、ケルンからフランクフルトにいくときに乗っ
たICです。
個々の席にテレビが付いていてゆったり座れたことはよかったです。
でも、こちらで調べていった16時44分発が見当たらなく、どうしようかと
思っていたところ、出発時刻を10分過ぎていた列車がありました。
1本早いので、フランクフルトに戻ってもいいねと少し早く駅にいたのです
が、乗りたい列車が見当たらないので、
その列車に乗れたらラッキーと、そのホームに行ったところ、まだ列車は到着
もしていませんでした。
前日も15分遅れのの列車にアーヘンから乗ったので、勘はぴったりあたりま
した。無事、15分遅れの列車に乗ることができ、
フランクフルトでの友達との会食に間にあいました。良かったです。

荷物は、大きいのをホテルに預けていったので、とてもよかったです。JALバ
スも安心して荷物を預けられました。
主人が、トランクは20kgまでというので、いろいろ工夫したのですが、帰
りは22kgになってしまいました。
「超してしまった」と、言ったところ、機内預けが二人でひとつだから40k
gまでいいと言われほっとしました。
知っていたら、空の水筒をトランクに入れたので、息子が手荷物検査でひっか
からなかったのになあと思いました。
大したことではないので、笑い話です。
十分に楽しむことができました。

今回、個人旅行にしたきっかけは、フランクフルトにいく友達に会えることと
息子が世界史で学習して、
写真だけで感動したケルンにいけることが旅行の条件だったのですが、それに
合致するツアーがなかったためです。
ウェブサイトでの申し込みは初めてだったので、不安がありましたが、思い
きって申し込んでみました。
 夫は、その旅行社は安心なの?と、聞いてきましたが、いいと思うよ、と、
しか答えられませんでした。
でも、昭文社のマップルに載っていたし、旅行業者のアンシンマークもついて
いたし、
何よりも羽生さんが、こちらのつたない文章にもその真意を汲み取りながら誠
実に答えて頂けたことが心の中の安心でした。
飛行機も窓側でとてもよかったです。
(あと少し後ろだと羽根が目立たずもっといいかもしれませんが、AC側は、
夕焼けや朝日の昇るのが見えてとても良かったです。)
個人旅行は、お昼や夕食が自由だったのでおなかの調子に合わせて食べること
ができてとても良かったです。
(JALツアーは、車中で、お弁当を食べるかと思ったのですが、ちゃんとし
たレストランでの食事だったので、
けっこう時間がかかってしまいました。以外と自由でも良いかもしれません)

本当にお世話になりました。ありがとうございました。

羽生 明子 wrote:

息子さんと一緒のドイツの旅。数ヶ月も前から旅を計画し、そしてご自身でも詳細なプランを練り
準備の段階から、とても楽しんでいらっしゃる様子が伺えました。
その思いやこだわりを実現して頂けたことが、何より嬉しく思います。
ケルン大聖堂の見えるお部屋は、大正解!でしたね・・・尖塔に手が届きそうな感じ!!
旅先でのエピソード、思わず吹きだしてしまう様なこともあれば
参考になる点もイロイロあります。
どうも有難うございました。
見る