1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. タイ旅行
  5. お客様からのお便り
  6. 塚本 様/タイ6日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 大谷 泰江
【2004年7月19日[Mon] ご出発】 海外

塚本 様/タイ6日間

 こんばんは。メールをありがとうございます。
 無事戻ってきましたよ。

 雨季の旅行は以前もあったのですが、今回はたくさん雨に降られました。
 暑くないのはいいのですが、写真が曇り空ばかりなのは残念です。

 雨は少し降ってすぐにあがったのですが、2度ばかり雷が鳴り、1時間以上大雨が降り続けたことがありました。ちょうど買い物をした土産物屋で椅子に座って、雨がやむのを待ちました。
 家族が協力して、商品に雨がかからないようビニールシートを広げたり、シートや隣の屋根にたまった雨粒を落としている様子を見ることができて楽しい待ち時間になりました。

 ホテルはちゃんとスティデオになっていましたよ!ありがとうございました~。
 内装も凝っていて、二人とも満足でした。ホテルからは海が見渡せて、パトンとは離れていましたがリゾート気分を充分に満喫できました。ボン島でのサービスも大満足です。
 旅行者が少ない時期だったようで、魚にあげるパンをくれたり、フルーツをむいて持ってきてくれたり(いつでもやってるのかも?)、静かなビーチを堪能しました。

 ホテル内のプールに海とプールがつながって見えるプールがあるのですが、そこも二人で貸切状態!プールバーのボーイさん(?)がビンでジャグリングをしてくれて、こちらも手品を見せると(実は手品が得意だったのです)、バーで飲んだカクテル代を割引してくれました。

 プーケット島内観光でひとつ「あれ?」と思ったことがありました。ワットシャロンでは車を降りて、写真を撮っただけでした。お寺の中には入らなかったのです。他の観光客は中に入っていたので「お寺には入らないの?」と聞いたら「入れない」という返事でした。「?」と思いながら、その前のショッピングが1時間30分ほどかかっていたので、時間がないのかなと思いあまり深く考えなかったのですが、昼食後ガイドさんが「私は用事があるのでこれで」と言って途中で車を降り、バイクをつかまえて去っていきました。その後、運転手さんがカシューナッツ工場とホテルへ連れて行ってくれました。とうもろこしを差し入れてくれてよい人だったのですけど、あれ?ワットシャロンはもともと車窓だったんでしたっけ?という感じでした。

 サイモンキャバレーショーは大満足でした!オカマに熱い思いはなかったのですが、完成されたショーには感動しました。写真を撮るときには狙ったオカマさん以外のオカマさんもささっとやってきて写っちゃうので、そのたびにチップをねだられ、くそ~という気持ちになりました。思っていた以上にチップを渡すことになってしまいまいました・・・。

 バンコクはあまりに大都会でとにかくよく歩き、とっても疲れました。東京にいるのと同じ気持ち。プーケットでのリゾート気分が吹っ飛びました。バンコクでのガイドさんは宮迫に似ていて、冗談言うところもそっくり!寺院と王宮の説明はおもしろく、丁寧でしたよ。想像以上の渋滞にも驚きました。

 買い物もずいぶんたくさんしましたよ。プーケットでシルクの商品が高く感じたので買い渋っていたら、バンコクの方がもっと高かったので失敗しました。値段交渉はうまくいったとこもあれば、張り切ってやったつもりで「あれ?」って結果のこともあったりで、まだまだ交渉術が足りないなあと実感しました。

 っといろいろ書いてしまいましたが、食べ物に困ることなく(タイ料理もおいしく食べられた!)楽しい旅になりましたよ。

 勝手に写真を添付しました。えーっと左の髪の毛が長いのが私です。
 今回はいろんなわがままに対応してくださって、ありがとうございました。
 インターネットということで、お金を振り込んだときも不安でした。
 声が聞けたので少し安心したものの、当日チケットを受け取るときまで不安な気持ちでした。
 一度実績ができてしまえば、次からは頼みやすくなりますね。
 そのときはまたお願いしますね。

 塚本

 
見る