1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. アジア旅行
  4. インド旅行
  5. お客様からのお便り
  6. S様&K様/プライベートで・・・・・インド旅行

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 伊藤 八重子
【2010年7月15日[Thu] ご出発】 海外

S様&K様/プライベートで・・・・・インド旅行


さて、インド旅行の感想ですが
最終日には、たった4日の滞在でインドに圧倒されてしまい、
インド旅行はもう人生でこの1回だけでいいわ・・・と思っていたのですが
帰って来てみると、なぜだか不思議とまた行きたいという気分になっています。
これがインドの引力なのでしょうか。
旅行前に買ったインド旅行記も、旅行後の方が楽しく読めるのです。
情景が浮かぶからでしょうか。

7月15日(1日目)
インド空港に到着し、すぐに現地ガイドさんを見つけました。
インターネットや本のあらゆる体験記で、空港からタクシーやリクシャーのすさまじい客引きに
翻弄されると書いてあったのですが、そんなこともなく、空港を出てすぐにガイドさんと出会えて安心しました。
ホテルは希望したホテルだけあり、サービス・設備共に大満足でした。
ホテルの朝食(今回は頂きませんでしたが日本食もありました)やレストランもおいしく
種類も豊富でした。ホスピタリティも行き届いてました。

このキングフィッシャービール、最高ですよね!!

最後まで何の不足もありませんでした。
毎日サービスでペットボトルのお水を2本置いてくれるのが助かりました。

7月16日(2日目)
バザールやお土産物屋さんを一日かけてゆっくりめぐりました。
カレーも毎食食べました!食べた中で、オクラのカレーが一番おいしかったです。
本場のインドカレーですね。美味しいそうです!!

食べるもの、場所を選んでいたし、消毒にものすごく気を遣いましたので
幸い2人とも旅行中も帰国後も下痢にはなりませんでした。
ただ、この日にアマトラスパ(メリディアンホテル内)を自分で予約していたのですが
行ってみると、予約できておらず(確認メールも来ていたのに!)、
アーユルヴェーダを受けれなかったのがこの旅の心残りです。。。
やはり、伊藤さんに手配を頼めばよかったです。

ヘナアートは本当に見事です。綺麗!!

7月17日(3日目)
タージマハルを見にアグラへ。
手配して頂いた列車シャダブディ、快適でした。
列車の窓から見える、インドの田舎風景がおもしろかったです。
窓の外に、列車を見ながら用を足す人々いて衝撃でした。
デリーでサリーを購入し、サリーを着てタージマハルの前で写真を撮る!と
はりきって行ったのですが、自分で着付けたので正しく着られてるのかわからず。。。
ですが、タージマハルへ向かう途中、アグラの高級ホテルでトイレに立ち寄ると、
トイレのおばさんが、最初から着付け直してくれたのです。(御礼のチップは渡しました)
まるで夏祭りで浴衣を直してくれる近所のおばちゃんのようでした。
やはり、現地の女性に着付けてもらうと、ドレープやシルエットが全然違いました。
額にビンディーもつけてくれました。うれしい旅の出会いでした。
そして、サリーを着てタージマハルを観光していると、現地インド人からすっっごい見られるのです。
①素敵、似合っているとほめてくれる人②ニヤニヤおもしろがって見てくる人③怪訝そうにしている人
の3パターンでした。
変なのかと思って最初不安でしたが、インド人はものすごく外国人をガン見すると聞いていたので
せっかくの旅だし、気にせず楽しみました。
アグラ城やバザールに行き、宮殿ホテルのバーで飲んでみたりして一日過ごしました。
アグラのリクシャードライバーはキャラが濃く、思い出深い出会いがたくさんありました。

7月18日(4日目)
残り半日どう過ごすか考えた結果、オートリクシャーのおじさんと交渉して
一日行きたいところをまわってもらうことになりました。
このおじさんが、知らない場所を「知らない」と言いたくないらしく
「もっといいところがある!」と用事のない土産物屋ばかり連れて行くので
ちょっと辟易しました。
でも、結果わがまま言い放題の私達に半日付き合ってくれたし、
いろんな情報もくれたし、おじさんに怒ったりしたのも後からいい思い出になりました。

7月19日(5日目)
帰国

タイ航空は初めて利用しましたが、遅延等なく、予定通りのフライトで快適でした。
乗り継ぎのバンコクの空港も広くきれいで、乗り継ぎ時間を楽しめました。

インドは広いですから、まだ行ってないところ、見てないものがたくさんあります。
また、インドに呼ばれたらいいなと思っています。
その時は、また伊藤さんにお願いします。
列車手配やその他アレンジ、旅の知恵程度の細かな質問や希望に応じて下さりありがとうございました。
既に組まれたツアーでは叶わない、でも個人旅行よりは便利で快適な思い通りの旅ができました。
この度は、ありがとうございました。本当にお世話になりました。

(2010年7月15日出発)

伊藤 八重子 wrote:

S様、K様
このたびのインド旅行、Pratikyemektarifleriのご利用ありがとうございます。
インドからのお呼びがかかり、思い切ってお出かけくださいました。
インド旅行に関して、よくお出かけ前に、ガイドブックや下調べをしていきますが、インドにいきますと、そのような手本もぶっとんでしまって、いきなり気力勝負ですよね。
しかし、一度その雰囲気を受け入れられると、とても楽しく、人間味のある国です。
S様は、最初からホテルにこだわってくださいましたの、このクラリッジホテルなら、滞在には満足できたと思います。

キングフィッシャービール、カレー、ヘナアート、といい、インドの名物を堪能していただきました。この3つは私もインドで大スキなものです。
特にヘナアートは、素敵ですよね、そして、見事な絵柄をフリーハンドで書いてくれる。
だんだん、色が薄らいできますが、それも綺麗。
ヘナを見るとインドが恋しくなります。
カレーは、さまざまなカレーがあり、スパイスがたくさんです。健康的ですね。
そして、キングフィッシャービール、本当に美味しい。

アーユルヴェーダは残念でしたね。
今度是非、南インドの本場のアーユルヴェーダを体験してください。楽しみは後で、ということですね。
本当は、S様のサリー姿を皆様にお見せしたいところですが・・・・。
よく似合っていますね、着付けがすばらしかったので驚きました。このような裏事情があったのですね。トイレでの出会い、そう、インドの人って優しいですよね。
インドでの滞在、楽しいかどうかは結構リクシャーおじさんにかかっていると思いませんか?
値段交渉など面倒なこともありますが、そこを楽しみに変えられると、なんと便利な乗り物でしょう!!安く、いろいろなところに行ける。また、とても話好きな人も多いので、よい情報だけピックアップできるといいですね。
インドから帰国すると、暑さとあのうるささから開放されてホットする気持ちもありますが、すごく懐かしくなったりもします。
インドであれも見たかったな、とかあれもやりたかったな、とか、なんあ忘れ物をしているような気がしていたり、リベンジ精神が湧き出てきたら、次のインドにお呼びがかかっています。
どうぞ、また、違うインドの顔を見にお出かけください。
今回の旅、よい思い出となってくださり、嬉しく思います。
またお出かけのときはいつでも連絡をください。
その日を楽しみに待っております。
このたびはご利用ありがとうございました。
見る