1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. イタリア旅行
  5. お客様からのお便り
  6. I様ご夫妻/2度目の南イタリアを満喫する 8日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 谷口 洋子
【2010年9月21日[Tue] ご出発】 海外

I様ご夫妻/2度目の南イタリアを満喫する 8日間

谷口 洋子 様

こんにちは。
この度は、旅行の提案からサポートまで、
細やかな気配りに感謝いたします。

私(夫)は、マヤ、インカなどの遺跡が好きで、
中南米には3回、ヨーロッパはスペイン1回旅しています。

バックパッカースタイルの旅が中心で、直近は
平成17年に一人でペルーを2週間旅してきました。
マチュピチュへインカ道を歩いて訪れる3泊4日の
ツアーと飛行機のみを事前に予約し、他は現地で手配する
キママ旅でした。不安もありましたが、現地で知り合った人
との交流やフレキシブルに予定変更できることなどから
「クセになりそう」です。
(今後は妻の許しが出そうもないですが・・涙)

今回の旅は、妻同伴の為そんな訳にはいかなかったですが、
初めてのイタリア、とても楽しく過ごせました。
イタリア語を事前に予習する暇が無かったので、
ほとんど会話ができなったのが少し残念です。
(スペイン語はトラベル会話をチョコット勉強しています。)

帰国時に成田空港で預けた荷物を待っている際、
出てくる大多数の荷物が、私たちの「背負うバッグ」とは
違いスーツケースタイプだったことに、
改めて、イタリアへ行く観光客の旅スタイルを感じました。

私(妻)は、飛行機が大の苦手で、
実は10年ぶりの海外旅行でした。
大好きなイタリアに行きたい気持ちと恐怖の葛藤の中、
旅行を決めました。
ですので、どうせ行くのなら、自分のペースで見たい所に
行く想いが強くなり、旅行会社選びはかなり迷いました。
そんな中、私達の細かい希望に合わせてくださった、
谷口さんの提案は大変うれしかったです。

10年前のアマルフィと感じ方はいい意味で違いましたが、
またここに来ると誓った事が実現できて本当に感激しました。
幸いにも照る照る坊主効果か、晴れ渡るアマルフィや
ラベッロの景色、美味しい食事を堪能することが出来ました。
 
ナポリは、以前に訪れたイタリアの他のエリアとは
異なる個性と活気に満ちていました。迷路のような街で
目的地に行くのには苦労しましたが、
それも今となれば楽しい思い出です。
地元の人に親切に助けてもらいながら、
スカッパナポリの観光が出来ました。
また美味しいレストランにも出会えました。

ポンペイでは、古代遺跡の素晴らしさに感動しました。
残念なのが、持参したカメラが故障しベスピオ山を
背景にした写真が撮影できなかったことです。
しかし、ポンペイ遺跡と帰路中に見た
虹をしっかり目に焼き付けてきました。

困ったことが発生した場合は谷口さんに相談できる
という安心感から、お陰様で10年ぶりのイタリア旅行を
存分に楽しむことが出来ました。
また(決死の)旅行の際は、宜しくお願いしたいと思います。

随分と寒くなりましたので、どうぞお体ご自愛下さい。

N&K. I 

谷口 洋子 wrote:

I様

お世話になっております。

ご帰国後お忙しい中、楽しいお土産話を
お届け下さり誠にありがとうございました。

今回、8日間渡る南イタリアのご滞在、
さらにオーダーメイド旅行の醍醐味を
安全にお楽しみいただけましたようで、
本当に嬉しく思っております。

今回は<背負うバッグ>をご持参されたの
ですね。さすが!素晴しいご選択です。
旧い街並みをそのまま何世紀も保存させ、
且つ車優先社会であるイタリアでは、歩道が
極端に狭かったり、道が石畳であったりと、
大きなハードタイプのスーツケースを持参すると
思いのほか移動時に大変です。
また国鉄車内も、大きな荷物を保管するスペース
が今ひとつ完備されていないことも事実です。

そんな訳できっと、今回<背負うバッグ>を
ご持参されとても機能的に移動が出来たのでは、
と思っております。

アマルフィ、奥様は10年ぶりの再訪で
いらっしゃったのですね。
ご主人とご一緒に彼の地を訪れることができ、
きっと感無量でおいでだったことと存じます。
(映画等の影響もあり、おそらく10年前に
比べ、かなり観光地化されてしまっていると
想像しますが・・・。)

夏のラベッロはいいですよね!
高台からの美しい眺め、ヴィッラへと続く細い
小道・・・。本当に素敵で、大好きです。

合計4泊されたナポリでも、ご夫妻のペースで
のんびりと街歩きをご実現され、嬉しく思って
おります。
地元の方々と触れ合いながら、助けていただき
ながら、良いレストランに出会うことが出来た
ご様子で、これこそ、個人旅行の醍醐味ですね!
(南イタリアの人達は、人情に厚い方が多いん
ですよね)

I様ご夫妻の、楽しい旅の実現をお力添えでき、
素敵なお便りを頂戴し、ひと時幸福な気持ちに
浸らせていただきました。
本当に、ありがとうございました!

この度は弊社Pratikyemektarifleriおよび私谷口を
ご用命下さり誠にありがとうございました。
またいつの日か、再びお役に立てる機会に
恵まれますよう心より願っております。
見る