1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. イタリア旅行
  5. お客様からのお便り
  6. W様/イタリア世界選手権バレー観戦! ミラノ6日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 谷口 洋子
【2010年9月24日[Fri] ご出発】 海外

W様/イタリア世界選手権バレー観戦! ミラノ6日間

谷口 洋子 様

いろいろとありがとうございました!

初めての海外旅行で不安でいっぱいだったのですが、
どうにか無事に日本に帰ってこられ良かったです。
2010世界バレー男子イタリア大会観戦が
メインイベントだったのですが、
結果は残念ながら・・・。
ですが、ミラノ観光はとても楽しめました!!

簡単にですが、今回の旅行について報告させていただきます。

9/23、日本時間の早朝3時過ぎに車で出発して成田へ。
出国手続きなども無事に終え、フランクフルト行きの
飛行機に乗って、いざ海外へ!
10時間以上も雲の上でしたが、朝も早かったため、
うたた寝しては機内サービスで起こされるという繰り返しでした(笑)

フランクフルトからミラノへの乗り換えで、
搭乗ゲートが変更になっていることに気付かなかったのですが、
同じ便の日本人女性の方が教えてくださったおかげで、
無事ミラノへ到着。
ただ、空港に着いたものの送迎のタクシー運転手の方が
いなかったので慌てましたが、先ほどの日本人女性の方が
声をかけてくださって、いろいろ助けてもらいました。
異国の地でも、やはり同郷の人というのは安心しますね。

携帯で谷口さんと連絡を取り、迅速に対応していただき、
その後すぐにドライバーの方と合流。ホテルへ。
お迎えのタクシーがベンツで驚きました!
更に、みんな凄くスピードを出して走っていて驚きました!!
その日はもうとにかく眠くて、シャワーを浴びてすぐに
寝てしまいました。
ホテルはシャワーだけで、日本とはだいぶ勝手が違って
初めは戸惑ってしまいました。歯ブラシなどは置いていないと、
事前に教えていただいていたので準備しておいて良かったです。

9/25ミラノ1日目
目覚ましよりも早く起き、バイキング形式の朝食。
チーズやハム、クロワッサンなどおいしかったです♪
この日はホテルで大人しくしている予定だったのですが、
せっかくなので中心街へ。
ホテルのシャトルバスを利用させていただいたのですが、
運転手のおじさんがとても気さくな、まさにイタリア人☆
という人で面白かったです(笑)
地下鉄、バスなど2日間乗り放題チケット?を買おうと
モタモタしていたら現地の人が教えてくれたりと、
皆さん、とても親切で助かりました。

この日は生憎の雨だったのですが、どこを見ても街並みが綺麗!
道行く人々も当然ながら日本人はいないので、
イタリアに来たんだなぁと実感しました。
シャトルバスのおじさんが、バレー会場近くのショッピング
モールのようなところに何でもあるよ!と、教えてくれたので、
散策はお昼までにしてまずは会場へ。
何も下調べしなかった割には、地下鉄もバスも普通に
使えて(当然ですが;)移動は問題なくできました。
バレーのチケットの受け取りも問題なく終え、
時間までショッピング♪
買い物をしていたら、ばったり日本選手と遭遇したりと
ハプニングもありつつ。
可愛い服が多くて、せっかくなのでいろいろ買っちゃいました。
気温が思ったよりも寒かったので、素敵なジャケットを
買ってさっそく着てみたり。
初戦のイタリア戦、日本は完敗!ガッカリしつつホテルへ。

9/26ミラノ2日目
前日、グッタリ寝てしまったのですがこの日も目覚ましより
先に起床(笑)
シャトルバスの運転手さんに、昨日のバレー、
日本はダメだったねと言われてしまいました(^^;
この日は出発1か月前くらいに急にお願いした、
ミラノ市内&最後の晩餐日本語バスツアーの日!
合流した他の方々にお話を伺ったところ、
チケットを取るのが大変だったそうで・・・。
最後の晩餐を間近で見れるという、とても貴重な体験が
できて、谷口さんに手配していただけてとてもラッキーでした!

null

この日は、文化の日?とやらの特別な時期だったようで、
普段は公開されていない、壁画の裏側も見ることができました。
デコボコの壁に重りがたくさんぶら下がり、空気清浄の
ための?機械があり、これがあの名画の裏側と思うと、
何だか不思議な感じでした。
ガイドの方の説明もとても面白く、スカラ座やドゥオーモ、
最後の晩餐についてのいろんな豆知識、蘊蓄も
面白かったです!
一緒にツアーを回った方と午後もしばらくご一緒させてもらって、
ランチを食べたり、ブランド街を散策したり、ジェラートを
食べたり。せっかくなので、ドゥオーモも登ってみました!
お昼にワインを飲んだ後に徒歩で登ったので、かなり膝は
ガクガクでしたが(笑)登った先は絶景でした!

null

いろんな装飾、彫刻も間近で見ることができて良かったです♪
第二戦はイラン戦だったのですが、この日も結果と中身に
がっかりしてホテルへ。
元気があったら、イタリア対エジプト戦も見たかったのですが、気力と体力がなかったです。。。

9/27ミラノ3日目
ぐっすり寝てはいるのですが、この日も目覚ましより先に起床。
気が張っていたのでしょうか?
ホテルで会った日本人の方が、一人でドゥオーモまで行くとのことなので、
時間もあるのでご一緒させてもらいました。
教会で別れた後はおみやげを物色したり、街中を散策したり。
ミラノの街中は、スペースがあるとひたすら彫刻がある感じがしました(笑)
いたるところに装飾があって、彫刻があって、飽きるところがなかったです。
最終日はフルセットながら日本が勝つ試合を観ることができたし、
ゲームの中身も面白かったので、この試合だけでも観に行ったかいがありました!
どうにか日本も2次リーグに進むことができ、本当に良かったです。

9/28ミラノ4日目
ここからはほとんど移動。
3日間お世話になったシャトルバスのおじさんにお別れの挨拶をして、空港へ。
ホテルから空港へのタクシーもベンツで、この日の運転手さんの方が運転が丁寧でした。
ミラノからフランクフルトへ行き、ここの乗り継ぎ時間が長めだったので
暇かな~と思っていたのですが。なんと、イランチームの人たちが!
イランは日本に勝ったのに1次リーグ敗退なので、納得がいかない様子でしたが(^^;
滅多にない機会なので、サインを貰ってしまいました。
帰りの飛行機はANAだったので、搭乗者も日本の方が多く、
何となく安心したのか、帰りはほとんど寝てしまいました(笑)
機内食でお味噌汁やそうめんが出たのですが、味噌や醤油の味がとても懐かしく感じました。
やはり日本人なんだなぁ~と、しみじみ思った次第です。

会う人毎にスリに気をつけて!とか、いろいろ脅されていたのですが、
大きなトラブルもなく無時に帰宅できました。

イタリアの人たちはとにかくみんなお喋り!
片言の英語でも通じましたが、また行く機会があるのなら、
英語や現地語など、もう少し勉強してから行こうと思いました。
きっと、お喋りが楽しめたらもっと楽しかったと思います。
準備期間が短かったにもかかわらず、迅速にプランを立てていただいて、
いろいろ我儘も聞いてもらい、本当に助かりました。
そばアレルギーがあるので、それに関しての文書を用意してもらったりと、
細かい要求にも早急に対応してもらえて良かったです。

null

次に海外へ行けるのはいつになるかはわかりませんが、
もしまた気ままなイタリア旅行をするのなら、お願いしたいと思います。
谷口さん、本当にありがとうございました!

追伸 帰宅後、バレーの放送を観たらバッチリ母と一緒に映っていました(笑)

A.W

谷口 洋子 wrote:

W 様 

お世話になっております。

ご帰国後お忙しい中、楽しいお土産話と
素敵なお写真をお届け下さいまして
誠にありがとうございました。

6日間渡るミラノでのご滞在、今回初めての
海外旅行がフリータイプのオーダーメイド旅行
ということで、ご不安な面もおありだったかと
存じますが、安全にお楽しみいただけまして、
本当に嬉しく思っております。

ミラノでの初日の専用車サービスが遅延し、
さぞかしご不安でおいでだったことと思います。
本当に申し訳ございませんでした。

9月のミラノは、実はモンツァサーキットでの
F1開催やファッションのミラノ・コレクション、そして各種学会や国際会議などが目白押しで、
1年の中で最も込み合うシーズンなのです。
きっとそんなことが影響しての遅延であったと
思います。ご迷惑をお掛けしまして申し訳
ございませんでした。

そしてバレーW杯!
会場まではホテルが運行するシャトルバスを連日
問題なくご利用され、チケットの交換もスムーズ
であったとのご報告に、ほっといたしました。

対イタリア戦からの皮切り、残念ながら
試合時間がほぼ1時間のあっさり敗戦。
こちらではTV中継はなかったのですが
(たぶんサテライト中継はあったと思います)、ラジオでの実況に耳を傾けておりました。

さらに連日、ミラノ中心地での颯爽とした
街歩きをお楽しみになられたとのこと、
初めての海外旅行とはにわかに信じがたい、
W様の行動力に脱帽です!
(ジェラート、とっても美味しそう!)

楽しい旅の実現をお力添えでき、
ご帰国後素敵なお便りを頂戴し、
感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に、ありがとうございました。

この度は弊社Pratikyemektarifleriおよび私谷口を
ご用命頂き誠にありがとうございました。
またいつの日か、再びお役に立てる機会に
恵まれますよう心より願っております。 

その日まで、どうぞお健やかにお過ごし下さい。
見る