1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. デンマーク旅行
  5. お客様からのお便り
  6. S様&H様/可愛い雑貨旅 オスロ&ベルゲン&コペンハーゲン8日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 毛利 理佐
【2012年8月3日[Fri] ご出発】 海外

S様&H様/可愛い雑貨旅 オスロ&ベルゲン&コペンハーゲン8日間

毛利様

この度は、充実した旅行をありがとうございました。
旅に続いて実家にも帰省していたので、
ご報告とお礼が遅れましてすみません。

おかげさまで、とっていただいた手続きは、
大変わかりやすく、現地で確認しながら
順調に進みました。ホテルやフィヨルド周遊などで
困ることは特にありませんでした。

フィヨルド周遊のチッキサービスも、お願いして正解でした。
体力と時間が温存できました。

ホテルは3件とも、お部屋や朝食など、
それぞれとても素敵で
大変快適に過ごすことができました。

オスロのラディソンブルのお風呂で、
バスタブに溜めたお湯を最後に流したところ、排水溝の
容量をオーバーしたらしく、排水溝からほんの少し
逆流してタイルが濡れるというハプニングがあって、
ホテルに伝えたほうがよいか迷っていたところ、
たまたま朝食で隣の席になったご夫妻が、
同様に(その方は大量に逆流して水浸しになったそうで)、
ホテルに言って、部屋を変えてもらったそうでした。
ヨーロッパのホテルではわりとよくあることとのお話で、
ホテルの人に、一気に流さず栓をずらして
少しずつ流すよう言われたと教えていただき
参考になりました。
(ホテルで注意書き書いておいてくれればいいのに
とおっしゃっていました・・・)

同じくその方から、ベルゲンのレストランで
泥棒グループの犯行(未遂)を見たので
気をつけるよう教えていただきました。
椅子に荷物を置いて席を離れた方の荷物を
床に落とし、さりげなく拾って逃げるのだそうです。
毛利様にも教えていただいた通り、
目を離してはいけないのですね。

幸い私たちは危険な目には遭わず、
無事に旅程を終えることができました。

行きの飛行機がキャンセルになって、
毛利様や連絡先の方にお電話しようかと一瞬迷いましたが、航空会社の方が調べて、他の航空会社に
振り替えてくれるものなのですね。
そんなことも、今回経験してわかりました。

一番予想外だったのは
(これを予想外といっては下調べ不足が露呈しますが・・・)
お店や美術館、博物館のやっている時間がすごく短かったことです。
10時か11時から5時か遅くても6時までが多く、
白夜で、ものすごく活動できる時間は長かったですが、
開いている時間に見て回れるように予定を考えるのが
限られた日数の中で難しかったです。
もう少し日数があれば余裕があったな~と思いました。

雑貨もお手頃でかわいいものに出会えましたし、
食事も全体的においしかったです。
雨には一回当たりましたが、通り雨で、
ほとんどいい天気でした。
熱い日本で現地の服装のことを考えるのは
難しかったですが、春~初夏くらいの
服装で大丈夫でした。
現地ではノースリーブからダウンまで
様々な服装の方がいて、おもしろかったです。

すみません、長いわりに報告になったかどうか
微妙ですが、毛利様の素早い手配と的確なアドバイスに
大変感謝しながら過ごした旅でした。
本当にお世話になりました。
まだまだ残暑が厳しい折ですので、
お体どうぞご自愛ください。

毛利 理佐 wrote:

S様


大変お世話になっております。

ご丁寧なご報告に、心より感謝致します。

そうでしたか・・
行きのフライトがキャンセルになったのですね。

お手伝い出来ずに、大変申し訳ございませんでした。
迅速に代替え便の手当てがなされて、本当に良かったです。

確かに、北欧は店や施設の営業時間が短く、忙しい日本人には不便ですよね。。
でも、空前のユーロ安ですので、本来は決して安くない北欧雑貨も
お手頃で手に入った事でしょう。。わたしも北欧は個人的に大好きです。


北欧は他の欧州国に比べて治安はいいのですが、
確かにベルゲンは、この時期、一年で一番観光客が集まるので、
泥棒グループも、とうとう北欧にまで遠征しているのですね。。
大変参考になります。

いくら北欧とはいえ、油断は確かに禁物です。

荷物を置きっ放しにして無くならないのは、世界で日本だけです/笑
最近はそうでもありませんが・・・


貴重で詳細なご報告を誠にありがとうございます。

また、機会があれば是非北欧に再来下さいませ。


ほんとうに、まだまだ残暑が続いておりますが、
S様もどうぞご自愛の上、お過ごし下さいますように。

わたくしは、だいぶ元気になりましたのでもう大丈夫です。
一時は、大変ご迷惑をおかけしました。


また、お役に立てる機会がございましたら、
これに懲りず今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。


ありがとうございました。


毛利 理佐
見る