1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. ヨーロッパ旅行
  4. フランス旅行
  5. お客様からのお便り
  6. M・Y 様/リヨン・ディジョン7日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 大成 真知子
【2005年6月21日[Tue] ご出発】 海外

M・Y 様/リヨン・ディジョン7日間

大成様

リヨンから突然メールをしてしまった上に、お返事が遅くなりまして、すいません。

行きの飛行機や、一泊目であまり寝れない体質?の為、あまり睡眠を取らずに行動してましたので、帰って来てから随分寝てしまいました。すぐに返信を頂いたので、安心して帰国することが出来ました。ありがとうございます。

携帯はドコモにあらかじめ頼んでおいて、家に郵送してもらっておいて海外用のものを持っていきました。
海外でも自分の番号やメールアドレスで使えて緊急の時など便利です(^-^)/

私も同行者も初めてのフランスでしたが、お蔭様で、調べておいた行きたいところはほとんどが回れました。
やはり、電車のチケットや空港からの送迎、ワイナリー巡りは、初めてのフランス旅には申し込んで頂いておいて大正解でした(^-^)/

送迎やチケットが合った事で、時間短縮と自分達でチケットを買う前に、用意していたチケットで電車に実際乗ってみて、様子を伺えたのも良かったです。
きめ細かくご指示頂いていたので、トランジットもスムーズに出来ました。

リヨン⇒ディジョンに行く際に途中下車をしてボーヌに立ち寄った際に、藤井さんにお会いしました。関西弁混じりの小さくてかわいらしい方でした(^.^)

ノマルシェオヴァンとオスピスドボーヌとアテナウム、レストランの「マキュイジーヌ」に行く目的で立ち寄りましたが、藤井さんに進められたツアー(ワインの講習会をしてるドメーヌを3箇所くらいとワイナリーツアーとトラムを紹介されました) はすべて魅力的だったのですが、時間の関係もあり、今回はトラムに乗りました。

街全体のかわいい雰囲気、すべてがワインの街と言う雰囲気に感動しました。トラムは、ディズニーランドに居るような気分になり、とっても楽しかったです。本当にボーヌは、街全体がリアルディズニーの感覚で、とても良い街ですよねo(^O^)o
あの石畳の地面の下のほとんどがカーヴになってると思うと、いるだけでもうれしくなってしまったりします。
目的の場所にすべて行けた上に、藤井さんにお勧め頂いたトラムがとても楽しかったので出だしからかなり順調でした。

ボーヌも感動したのですが、ディジョンもとても良い町でした。ディジョンはホテルもとても良かったです。エレベーターも手動で扉を開ける様な歴史を感じるつくりもよかったですし、赤を主体にした内装がとってもかわいかったです。とても居心地のよいホテルでした。

申し込みをしておいたデジョン発のワイナリーツアーでは、コートドニュイの主要畑を回り念願の畑も見れました。
午後は、再びボーヌに行き、同行者の友人がボーヌに留学していた際の友人(彼はポマールのネゴシアンで働いています)
にコートドボーヌの畑に連れて行ってもらいました。この二日間だけで、この旅のかなりの目的は果たされました。

ディジョン⇒リヨンに戻る日は、朝からディジョンでほとんど一日買い物をしていました。ディジョンのマルシェを回ったり、フクロウに触ったり、マイユで地元の人がマスタード壺を何個も抱えてきて、詰めて貰っている様子が見れたり、その土地の習慣を見れたのも楽しかったです。

地面に書いてあるフクロウをたどって行ったら街中ほとんどが回れたみたいです(^-^)/二時間くらいかかりましたが、、、(^.^;
もっと最短で回れる方法があったのではと(^.^;思ったりもしたのですが。。楽しいお散歩でしたo(^O^)o
お散歩中に街中で買った、シトロン(レモン)とカシスのソルベもおいしかったです(*^^*)

リヨンはボーヌ・ディジョンを見ていたせいか?駅周辺の治安が悪く感じました。私たちが夜遅くまで行動していたのもいけなかったのかと思いますが。。(^^;

夜はレストランの人にタクシーを毎晩呼んでもらって帰っていました。リヨンではフルヴィエールの丘にケーブルカーで登ったり
降りてきてマルシェを見たり、「ブション」でクネルソースナンチュアやサラダリヨネーゼを食べたり街中をぐるぐると歩き回って
お土産(クッサンドリヨンとクネルドリヨン、ワインも買いました^^)地元で人気☆と、日本で調べて行った「ピニョル」と言うケーキ屋さんでマカロンとタルトと何故か名物ではないカヌレを食べたり(^.^;夜は「ル・シュド」で食事しました。

残念だったのは、とにかく暑さと睡眠不足で、食事があまり食べれなかった事です(--;ブレス鳥のロティやシャロレーのロティクネルソースナンチュア、ジャンボンペルシエ、フォアグラ、パテドカンパーニュ、サラダリヨネーゼサラダディジョネーゼ、セ・マルセラン、「ル・シュド」では、名前のとおりの南の食べ物のブイヤベース、サラダニソワーズ、鱈の温野菜のアイヨリソース添え。。。etcと食べたのですが、ブフブルギニョンとコックオーヴァンが食べれなかったのが残念でした(--;
思い返せば、サラダをたくさん食べていたような(^.^;気がします。

長々と旅日記になってしましたが、とにかく希望していたところはほとんど回れたし、フランスの人は誰もがとっても親切で言葉が堪能でない私たちにも根気よく丁寧に接してくれて、真面目で純粋な人柄を感じました。

あと、どこで食べてもおいしい!ネットや本や、知人からレストランを聞いていったのですがどこに入ってもおいしかったし!パンがおいしい!!ホテルの朝食のパンでもビストロやブションのパンでも普段食べている白金の「メゾンカイザー」や東京駅の「ポール」よりも美味しいと感じたのは、その土地で食べないとあの味は出ないんだなぁ~と思いました。
実質、4日間でしたが、とても貴重な体験が出来ました(*^^*)

出発前から出発後まで、きめ細やかに相談に乗って下さって、本当に感謝しています(*^^*)
行く前は、あまり何も出来ずにすぐに旅が終わってしまうような気がしていましたが考えていた以上に行動も出来ましたo(^O^)o

最後の日は、土曜日でTGVチケットが満席で諦めたのですが、席が取れていたらマルセイユまで行ってしまおう!
とまで思っていたくらい安心して旅が出来ました。次回、また旅行に行く際はご相談させていただくこともあるかと思いますが
その時は宜しくお願いいたします(*^^*)ありがとうございましたm(_)m
見る