1. ホーム
  2. ヨーロッパ旅行
  3. オランダ旅行
  4. お客様からのお便り
  5. N様/オランダ・フランス14日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 中尾 祥二
【2013年9月3日[Tue] ご出発】

N様/オランダ・フランス14日間

<9月6日 アムステルダムからのお便り>
9月3日(火)に無事にアムステルダム到着しました。
空港からホテルへのタクシー料金を飛行機の中で客室乗務員に聞いておきました。
メータータクシーで45ユーロでしたので、乗務員さん、ガイドブックの価格程度でした。
しかし、15分足らずで6000円以上というのは、かなりの物価高だと最初から実感しました。
ホテル(EMBホテルメンフィス)は思っていたより、こじんまりとしていますが場所はコンサートホール、ゴッホ美術館、国立美術館に徒歩10分程度で行ける好立地、中心地の王宮付近や中央駅付近に比べて、しっとりと落ち着いた場所で、気に入っています。

トラム16番、24番で中心地まで15分足らずですし、歩いていくことも可能で、実際、2日めにアンネハウス、王宮等をまわったあとは、夕飯を途中で食べて、歩いてホテルに戻りました。
大学生の息子が地図が読める男だったのが幸いしています。

アジアのホテルには、歯ブラシ、スリッパ、無料のミネラルウオーターがついていますがこちらにはなく、持参したもの、お店で買った水で過ごしています。

トラムは運転手さんから、1時間チケット、24時間チケットなどを現金で購入できます。
昨日ユトレヒトに行きましたが、その国鉄のきっぷは駅で往復が買え、ホームも親切に教えてくれます。

アムステルダムでは、ゴッホ美術館、アンネフランクハウス、王宮、ダム広場、ユトレヒトでは、ドム広場、ドムタワー(英語ガイドつきで一番上までのぼりました)、オルゴール美術館、ミッフィー関連(信号、銅像、ブルー ナーハウス)に行ってきました。
今日、これから国立美術館に行き、ホテルに戻ってチェックアウトをしてから、トラムと国鉄を乗り継いで空港に向かう予定です。
2日目の昼休みに無料30分コンサート(ウエストサイドストーリーから5曲)、昨日の晩は一人45ユーロでソプラノ歌手が室内楽の演奏で20曲、オペラ、 ミュージカル等のナンバーを歌うリサイタルを聴きにいきました。
アルコール、ソフトドリンクはチケット代に含まれていました。
開演前と幕間にふるまわれ、私は赤ワインと白ワイン、息子はコーラをいただきました。
アムステルダムのハイライトはこの2つのコンサートでした。

食事はかなり高いです。昼食でも一人一皿2000円ぐらいはふつうです。そのかわり一皿がむやみに量が多い。
日本人は1皿を2人でシェアすれば十分です。
オランダ料理というのはあまり特色がないようで、各国料理のレストランがいたるところにあります。
目につくのはイタリアン、インド、アルゼンチン料理ですが、「SUMO」という和食チェーンも見かけます。
入館料なども15ユーロ平均、つまり2000円ぐらいですので、日本より割高に感じます。
円安も響いていますが・・・

9月6日夕方の便でリヨンに飛びます。
リヨンの空港で親友が出迎えてくれ、今晩は彼女宅に泊まり明日の朝、彼女の山荘があるバノスクに車で連れて行ってもらいます。
3泊して、来週火曜日に直接TGVの駅に向かうとのことです。
パリでは元教え子のフランス人と食事をし、パリ留学中のオランダ人とベルサイユに行くことになっています。
息子はオペラ座の当日券にもトライしたいとのこと。
13日まではリヨンの親友もパリで一緒に過ごします。

<9月7日 フランスリヨンからのお便り>
昨日夕方リヨンに着きました、オランダ出国、リヨン入国にはパスポートが必要なくEUなんだと実感しました。
出口で親友が待っていてくれ、トラムで市内まで1人15ユーロ、そこからバスで1人2ユーロ降りてから坂道を徒歩7,8分で自宅に着きました、
夕飯は和食レストランでした。これからのお礼をかねてごちそうしましたが、質はよかったのですが、量は少なくワイン1本とって141ユーロは、相当高いかなという印象です。
雰囲気はよいお店で、日本人ご夫婦がオーナーシェフといったかんじでした。

<9月11日 フランスパリからのお便り>
TGVはストライキの影響はなく、定刻通りリヨンを出発しパリに到着しました。
チケットが10・9の表示で、10月9日の間違えではないかとあせりました!
日本と表記が逆ですものね。
1号車はパリの改札口に最も近く便利で、座席もさすが1等車、ゆったりしていました。

ホテルまではタクシーで20ユーロ足らずで、すぐ着きました。
フランス語堪能な親友と一緒だったので、小さいホテル(メルキュール パリ ラスパイユ モンパルナス)ですが不安なく到着。
部屋はアムステルダムのホテルと同じぐらいのレベルといった感じです。
無料の水が1本冷蔵庫に入っています。

夕飯はホテルの近くにたくさんレストランがあり、そのうち1つのカジュアルな店で前菜とメイン、水がついて30ユーロのコースを頼み、他に3人で1本赤ワインをに見ました。しめて121ユーロです。

先週金曜はリヨンの友人宅に泊まり、土曜の朝に車でバノスク村の友人の山小屋に移動し3日間、田舎生活でした。
朝はコーヒー、その後羊から布団を作っている共同体の村に出かけたりハイキングをしたり・・・
食事はバーへキュー、チーズとワインといった暮らしでした。
山小屋には羊や牛のいる草原が隣接していて、都会とは別世界。

月曜の朝、リヨン市街に戻り、旧市街をうろうろ歩き、友人のお気に入りのチョコレートのお店で日本へのおみやげを買ってきました。

パリには5泊します。
明日の午前中は息子の希望でエッフェル塔と凱旋門。
午後はオペラのチケットを買いに行き、夕方、私の仕事仲間が赴任しているパリ日本文化センターへ。
明後日はホテル近くのカタコンブ、お昼は教え子がいるパリ政治学院でランチの予定です。
13日はルーブル美術館、その後友人はリヨンに戻り、14日はベルサイユに行ってくる予定です。

<9月15日 チェックアウト直前のパリからのお便り>
台風と一緒に成田に向かうことになりそうです。
火曜日は職場に必ずしも行かなくてよいので、北海道や九州についても大丈夫か・・・
今回もありがとうございました。

パリのホテルは、部屋は狭いですが快適です。
アムステルダムの朝食はスクランブルエッグなどもあり、少し品数豊富。
ここは、生食のハム、自分で作るゆでたまご、パン各種、チーズ少しです。
十分おいしく食べられます。
食堂はアムステルダムより少し狭いです。

息子はオペラ座で残り2枚のうち1枚45ユーロの席をゲットしてオペラを堪能してきました。
観光は定番のエッフェル塔にのぼり(行列は30分少し)、凱旋門を外から見ました。
ルーブルにはまる1日(8時半すぎに並んで、カフェでの昼食はさんで9時から5時半まで)過ごし、カタコンブ(1時半並びました)で骸骨エリアを通りヴェルサイユ宮殿とお庭も堪能しました。
雨だったのが残念ですが、トリアノンまで歩いて行きました。

アムステルダム、ユトレヒト、リヨン、ヴァノスク、パリ2週間の旅もあと少しで終わります。
すべてがとても楽しい、素晴らしい旅でした。

昨晩は息子と2人で魚介料理を食べました。
http://ameblo.jp/lagente/entry-11233815937.html
が昨日の夕飯のお店です。

http://www.lebarahuitres.com/fr/dorr.php
がフランス語サイト。
おすすめです。

ほとんどのお客さんが、この魚介盛り合わせを食べていました。
200ユーロ以上と思われるものを2人で注文しているお客さんも。
私たちはよくわからなかったので、44ユーロのコースで魚スープ(絶品!)、メイン(私はえび、息子はステーキ)、デザート(シャーベット盛り合わせ、クレープ)を食べました。
メニューは紙でなくiPadでした。
雰囲気も味も素晴らしい店なので、ぜひみなさんにおすすめください。パリに店舗あります。

http://164e5dd7ce8a421.lolipop.jp/framerecipe-blog/?p=2039
には息子がオペラに行っている間に友人と、2人で食べたレストランのことにも触れられています。

<9月16日 帰国日当日 ご自宅からのお便り>
45分ほど延着でしたが、成田空港に降りました。
揺れるとアナウンスがあって、相当揺れました。
成田エクスプレスは間引き運転だったので、立川行きのリムジンバスで戻りました。
首都高が一部渋滞していましたが、2時間で到着。
今、片づけが終わって、洗濯をしています。

ところで、アムステルダムのホテルはホテル税が1日8ユーロかかりました。
3日間で24ユーロでした。
パリのホテルはデポジットのためのカード提示もなく、タックスもかかりませんでした。含まれていたわけですね。

長旅は疲れましたが、楽しい2週間でした。
ありがとうございます。
見る