1. ホーム
  2. 海外旅行
  3. オセアニア旅行
  4. オーストラリア旅行
  5. お客様からのお便り
  6. S様ご夫妻/『女房の行きたい所』 ケアンズ・エアーズロック・シドニー8日間

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 中岡 直美
【2015年4月29日[Wed] ご出発】 海外

S様ご夫妻/『女房の行きたい所』 ケアンズ・エアーズロック・シドニー8日間

Pratikyemektarifleri中岡様

おはようございます。
この度は大変お世話になりました。
昨日夜、無事帰国しました。
行程中特にトラブルもなく、夫婦で満喫できました。

特に、5月3日(行程4日目)、ケアンズからの飛行機が少し遅れましたが、
ホテルへ10:30過ぎに到着後、ウルルへ登頂したいと思い、
確認したところ、10時にゲートが開いたとの情報を得て、
ウルルエキスプレスをホテルで頼んで、12:30から登頂できました。
想像を絶する傾斜と絶壁でしたが、夫婦合わせて110歳の登頂に成功しました。
迎えのミニバンが14:30でしたが、往復たっぷり2時間かかり、
2~3分遅刻しましたが、問題なくホテルへ帰ることができました。
家内も大感激でしばらく興奮しておりました。

シドニーへ移動した5月4日は、オペラハウスを望むレストランで食事後、
なんと21:30から花火が打ち上げられ(理由は良くわからなかったです)、
ラッキー続きの旅でした。

本当にありがとうございました。


中岡 直美 wrote:

S様

お帰りなさいませ!無事のご帰国何よりでございます。
ご利用便に一部遅延が発生したようで、
お疲れのところ大変ご迷惑をお掛けいたしました。
また、連休明けのお忙しいところ
早々のご返信をいただきまことにありがとうございます。
とっても微笑ましい旅のエピソードの数々、私もたいへん感激いたしました!

今回はウルル登頂の事前お手配はいたしていなかったものの、
現地でトライ&ご成功なさったとお伺いし、何よりでございました!
現地でもご案内があったかと存じますが、
エアーズロック訪問=登頂のイメージが強いものの、
登頂口が開く確率は意外と高くございません。
それがご到着とほぼ同時に開いたということは、
まさにおふたりとも強運のお持ち主でいらっしゃったと存じます。
当日早朝に登頂のご予定であったお客様は、悔しかったでしょうね。

おっしゃいますように、これほど一般的な観光地であるイメージに反し、
ウルル登頂はなかなかの体力精神力を要するものでございます。
ご夫妻であの景色と感動を共有いただいたということが、
何よりの素晴らしい旅の要素となりましたね。

シドニーでは花火のプレゼントが!
特にイベント期間等にはあたっておりませんでしたので、
これも1日ずれていたらご覧いただけない素晴らしいハプニングでございました。
S様がご自身で引き寄せられた御縁なのでしょうね。

拝見していて、私もワクワクするような、そして心温まるお便りでございました。
このようなハプニングやお心の動きは、
私共のお手配ではもちろんご提供できないものでございます。
S様ご自身に旅を仕上げていただいたようで、私からも感謝申し上げます。

またご夫妻でご旅行を計画の際には、ぜひお声掛けいただきますことを
スタッフ一同心よりお待ち申し上げております。
このたびはPratikyemektarifleriをご利用いただき、まことにありがとうございました。
S様ご夫妻のご健康とますますのご活躍を祈念申し上げます。

(株)Pratikyemektarifleri トラベルコンシェルジュ 中岡直美








見る