1. ホーム
  2. 国内旅行
  3. 沖縄旅行
  4. お客様からのお便り
  5. A・M様 スローライフな一人旅 in 波照間!

お客様からのお便り

担当コンシェルジュ : 吉井 一裕
【2017年10月23日[Mon] ご出発】 国内

A・M様 スローライフな一人旅 in 波照間!

A・M様

初めてPratikyemektarifleriを利用しました。

インターネットの旅行社の利用も初めてだったので、最初は不安がありました。
しかし、担当していただいたコンシェルジュの方が
何度も見積もりの相談等に乗って下さり、
出発から帰宅までの満足できる予定を立てることができました。

実際の出発日には台風が上陸してしまい、
予定通りにはいかないハプニングとなってしまいました。

出発の数日前からご心配くださり、予定外の事ばかりで不安がつのる一方だったのを、
相談できて本当に良かったと思います。

旅行中にも何度も連絡をくださり、アドバイスをいただけて助かりました。
フォローが手厚く、安心です。

波照間島は本当に素晴らしい島でした。
自転車で島中を探検しました。
意外とアップダウンがキツイので体力に自信が無い方は原付で周る方が良いかと思います。
私のおすすめは自転車ですが。自転車は宿から借りられます。

自転車でのどかな風景をゆっくり見られます。
ちなみにガソリンスタンドは島の集落に一軒しか見つけられませんでした。
ガス欠するような事は無いと思いますが、1つしか無いのも多少は不安です。

波照間島の海の美しさは感動します。
島の周囲のどの海を見ても、一つ一つ違っていて、どれも見とれてしまいます。

中には未舗装の道を通って見られる海もありますが、未舗装ゆえにかなりな悪路です。
しかし自然の中を通るので小さなマングローブが見られたりもしました。

あとは星空が抜群にキレイでした。夜になって浜へ出て、
砂に寝っ転がって眺めた星空は忘れられません。

星空観測タワーでも職員さんの解説を聞きながら見る事ができます。
こちらの解説も分かりやすかったです。

波照間島には商店などが少なく、何も無いと言われがちですが、
何も無いからこそ体験できる事があります。

ハマると抜け出せなくなるような島でした。

また波照間島へ行きたいと思っておりますので、
その際にはweb travel様を通して日程を組められたら良いですね。
その時にはまた吉井様に担当して頂ければ嬉しいです。

計画を立てた時から、旅行の終わりまで、長いようで短かった時間ですが、本当にお世話になりました。

どうもありがとうございました。
また宜しくお願い致します。



<行程>

1日目 羽田空港(JAL71) 6:55 ~ 石垣空港 10:05

     ペンション最南端
   *71便は欠航の為、903便→最終便で、石垣島ご到着。


2日目 ペンション最南端


3日目 石垣空港(JTA614) 13:35 ~ 那覇空港 14:30
     那覇空港(JAL914) 15:55 ~ 羽田空港 18:15 着

    ~ お疲れ様でした ~

吉井 一裕 wrote:

A・M様

ご連絡いただき、ありがとうございます!

今回ご搭乗予定だった71便が欠航となってしまい、
波照間ステイが2泊→1泊となり、とても残念でした。

私担当のお客様で、今年はほとんど影響がなかったので、
今年は皆様ご無事に行かれるかなと思っていましたが、
天候のこととはいえ、申し訳ない思いです。

私は普段沖縄担当として、台風のトラブルには大変慣れていますので、
さぞかしご旅行前・中は、ご不安だったかと思います。

そのご不安が私からのアドバイスで、少しでも柔らくことができるなら、何度でもアドバイスさせていただきますよ!

店舗型の旅行会社なら、ここまでのご対応はできませんが、
お客様ごとの担当制なPratikyemektarifleriだからこそできることかなと思います。

1泊しか、波照間島ステイがなかったですが、
メールを拝見する限りでは、かえって濃い1泊ステイだったイメージがします。

レンタサイクルで、島内散策をされたのですね。
波照間島はホントなにもない島で、何もないのどかな島だから、ここまで人気なのかもしれません。

ニシ浜ビーチの海の青さもびっくりしますが、
レンタサイクルでの移動中に垣間見る海の景色、ここも大好きです。

観測タワーも行かれたのですね。
職員の方が来られる観光客の為に、丁寧に説明されている姿がよかったですよね?

A様は、星空はニシ浜ビーチまで行かれたのですね?
いいなぁ~、私の場合、ペンションの屋上から、
寝転んでみましたよ。

周辺は真っ暗で、あたりが見渡せますが、
ここでの星空は私も忘れない思い出です。
本土では決してみられない姿なので、写真でも撮って帰りたい!と思いましたが、
私のカメラでは難しかったです・・・・。

ぜひ、今回のリベンジをお待ちしております。

日程的には、4~6月あたりが大変おすすめです。
日本で唯一南十四星を見られるところなので、この時期がいいです。

ただ、5月は梅雨シーズンなので、リスクがありますので、
外した方はいいかもしれませんが、
空梅雨のシーズンもありますので、もし、その年に当たれば、
一番いいですね。

ぜひ、A様の再チャレンジのご連絡、お待ちしておりますね。


この度は、Pratikyemektarifleriをご利用いただき、誠にありがとうございました。
初めてのご利用という事で、ご不安なこともあったかと思いますが、
ご満足な旅となったようで、私も嬉しいです。


今後は、A様の専属コンシェルジュとして、旅のサポートをさせていただきますので、
何なりと、ご連絡下さい。

        沖縄担当コンシェルジュ 吉井 一裕



見る